1発
合格

講師が話を親身に聞いてくれて、学習に行き詰まった時も相談すると自分のやるべきことが明確になりました ---鈴木 直緒さん

CPAを選んだ理由

私は他校の通信講座で学習を開始しましたが、通信講座だと学習仲間やライバルができず孤独感を感じながら学習していました。
また、通信講座だと講師に質問するのが億劫になり、分からない論点をすぐに質問せず後回しにすることが多かったです。

CPAを選んだ理由は、上記の点を解消できると思ったのと、友人に合格したいならCPAがテキストも見やすいし良いとアドバイスを受けたからです。他の予備校も検討しましたが、CPAには公認会計士以外の資格講座が無いので、公認会計士の勉強仲間ができやすそうだと思いました。実際、励まし合ったり答練の点数を競ったりできる良い勉強仲間ができました。

校舎の立地が、駅から通いやすい場所にある点も選んだ理由の1つです。

CPAの良かった点

講師に質問しやすい点が良かったです。

学習の内容だけでなくスケジュールの進め方なども相談でき、定期的に自分の現状を相談することで、軌道修正できていたと思います。レギュラー講義もほぼ毎週同じ時間に行っているので、スケジュールを組みやすく、また、レギュラー講義を受けて復習するまでの流れが作りやすかったです。直前答練や模試を受けた際に、結果がネットで公開されるのが早い点も良かったです。

自習室の利用方法などで受講生からなにかクレームを受けた際に、対処するスピードも迅速ですごいなと感じました。受講生が快適に学習できるよう、すぐに環境を整えてくれました。

公認会計士を目指した理由

簿記が好きだったので学習を続けていたところ、大学の講師に公認会計士という資格を紹介され目指すことにしました。
公認会計士という資格を知らなかったので調べてみると、三大国家資格と出てきました。

私は高校受験も大学受験も本気で頑張ったように自分ではあまり思えなかったので、大学に入学したらなにか本気で頑張れることをやりきってみたいと考えていました。また、自分がどれくらい1つのことについて頑張れるのかも知りたかったので、目指すことにしました。

監査論で公認会計士が社会からなぜ必要とされるのか、どういった仕事をするのかを学び、かっこいい仕事だと思いより強く公認会計士になりたいという気持ちが湧きました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

学習している時は困難な事や不安な気持ちが出てくる事がありますが、合格した時にはずっと頑張ってきて良かったと思えます。

それに自分の頑張れた経験は、これからの自信にも繋がります。

CPAの講師は受講生の話を親身に聞いてくれるので、学習に行き詰まった時も講師に相談すると自分のやるべきことが明確になりました!気軽に相談してみてください!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する