1発
合格

講義や問題演習中に浮かんだ疑問点をすぐに解決でき、効率的に学習を進められました。 ---宮原 大介さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを予備校として選んだ理由は3つあります。1つ目は、Web講義において講師を複数人から選べる点です。1つの科目でも、複数人の講師から自分のスタイルに合った講義を選択して視聴できたため、不要なストレスを抱えず学習に集中できました。

2つ目は、自習室の快適さです。予約が必要なく、朝から夜まで利用できる自習室は非常にありがたかったです。また、常に満席になることがなく、いつ行っても利用できるくらいの席数がある点も助かりました。

3つ目は、大学から非常に近い場所にあったためです。大学の講義の空きコマの時間に自習室に行ける点はとても魅力的で、時間を無駄にすることなく学習できました。

CPAの良かった点

最も良かった点は、チューターの質問対応制度です。校舎の営業時間内であればいつでも、電話ですべての科目の質問をすることができ、非常にありがたかったです。

コロナが流行して自宅での学習が中心だった時期でも、学習中になにか疑問が生じた際には直ちに校舎へ電話をして待たされることもなく疑問を解決できました。講義や問題演習中に浮かんだ疑問点をその場で解決することは学習においてかなり有効であり私が合格できた要因の一つだと思っています。

もうひとつの良かった点はCPAの教材の網羅性と明瞭性です。膨大な試験範囲が一番の特徴である公認会計士試験においては、各学習論点の学習に強弱をつけることが合格への近道だと私は思います。その際に、すべての論点が網羅されていながらも各論点ごとに重要性のランク付けがされているCPAの教材は非常に便利で使いやすかったです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は、大きく3つあります。1つ目は、自分のキャリアを描く上での大きな軸を作りたかったからです。世の中のすべてのビジネスと関わりがある会計という分野は、何かしらの専門性を身に付けたかった自分にとって、最適な資格でした。

2つ目は、監査という仕事を通して、キャリアの比較的早い段階から会社の経営陣と関わりを持てる点に魅力を感じました。

3つ目は資格取得後の可能性の広さに惹かれました。独占業務である監査だけでなく、企業経営、企業内会計士、コンサルティング業務、独立しての税務といった様々な選択肢がある点は非常に魅力的でした。

これらの理由から、自らが成長でき、かつ社会へも貢献できる職業として公認会計士を目指しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士を目指すにあたってCPAに入ることは間違いなく最も有効な近道です。長期間にわたる日々の努力が必要なこの試験において、心が折れることもあるかもしれません。そんな時に必ずCPAの講師、チューターが助けてくれます。

私自身、他の予備校の受験生と関わることもありましたが、CPAを選んだことを後悔したことは一度もありませんでした。ぜひ予備校の恩恵を最大限享受して、合格まで頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する