CPAはデジタル学習コンテンツの利便性やサポート体制が充実しているところが良かったです ---岩本 遼さん

CPAを選んだ理由

CPAは年々合格者が増加していることから選びました。毎年合格者が増加しているということは、常に最新の試験傾向を踏まえた対策が取れるのではないかと感じました。

CPAの良かった点

CPAはデジタル学習コンテンツの利便性やサポートが充実していることが良かった点です。

私は学習を始めてから2年目に新型コロナが到来し外出が困難な状況になってしまいました。そんな中、CPAからしばらくの間必要なテキストや答練が郵送されてきました。このような緊急事態の中での迅速な対応のおかげでスムーズに学習の継続が出来ました。

加えてその状況下でも、講義が全てオンラインで視聴可能であること、講師への質問予約がネットで簡単に出来る事、答練をPDFで簡単に送信出来るようになったことも学習の助けにありました。これらの対応によりすぐに質問して、それを成績に反映することが出来ました。

以上のような学習者のニーズに合わせた迅速な対応がCPAで良かった点になります。

公認会計士を目指した理由

私は大学で商業学を専攻しているため、大学生活の中で自然と公認会計士という存在については意識していました。そして公認会計士を明確に目指すようになったきっかけは、お金のプロになりたいと感じたからです。

今後お金に関わる仕事をしていったり、調べていく上で公認会計士であれば出来る選択肢や、公認会計士でなければ知ることが出来ない事が存在すると思いました。

そこで、より深く広くお金について知るために公認会計士になろうと考えました。 また限りある大学生活を充実したものにしたいと考えていました。そして大学生活を充実したものにするには目標が必要であると考え、より大きな目標を達成したく公認会計士を目指しました。

学習を継続させるコツ/苦手科目の克服方法

苦手科目を克服する一番の方法は講師に学習相談をすることです。CPAはWeb上で簡単に予約が出来るので、迷ったらすぐに予約を入れた方がいいです。

また、私が考える効果的な学習方法は質の良い学習をすることです。質を向上させるには、しっかりと点数に結びつくような学習を普段から行うことです。そしてその方法を知るためには講師の助けが不可欠だと思っています。ですので、すぐに講師に質問をして質の良い学習をすることが重要だと思います。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

困ったらすぐに講師の予約を取り学習相談をしてください。CPAの講師のノウハウはすごく洗練されているので合格への一番の近道になります。短期合格のためには自分一人で解決しない方が良いです。

そしてCPAはデジタル学習コンテンツが便利で優れているので、最大限利用してください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する