1発
合格

自分が一番頑張れそうと思ったのがCPAの自習室だった為、それが決め手となってCPAに決めました ---宮口 有沙さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は主に三つあります。
一つ目は、CPAには人気と実力を兼ね揃えた講師が多く在籍しているという情報を聞いたからです。予備校を選ぶにあたって講師は重要視していたため評判の良いCPAに決めました。
二つ目は、サポート体制が整っていたからです。論点についての質問や学習の進め方など、疑問・不安点をすぐに相談できる環境がCPAには整っており、安心して学習できると感じました。
三つ目は、自習室が綺麗だったからです。私が通っていた大阪梅田校は2018年に開校したばかりで校舎が新しいこともあり、とてもきれいな自習室でした。他の予備校にも足を運んでみましたが、自分が一番頑張れそうと思ったのがCPAの自習室だった為、それが決め手となってCPAに決めました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点はたくさんありますが、特に良かったと感じた点は講師です。
講義は丁寧でわかりやすく、理解を重視した講義であるため、論点の理解がすんなりできました
また、自分に合った講師を選択できる点も良かったです。そのおかげでどの科目でも大きくつまずくことなくカリキュラムを消化することが出来ました。他にも、教材には重要性が記されているのでメリハリをつけた学習が出来ました
また、個人的にはコンパクトサマリーがお気に入りでした。名前の通りコンパクトでちょっとした隙間時間に活用できて便利でした。CPAのコンパクトサマリーはすごく綺麗にまとまっているので暗記の整理に非常に役立ちました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は、自分の将来の可能性や選択肢を広げることが出来ると考えたからです。
大学三年生の初め頃、周りが就職活動に取り組み始めた中、私は将来やりたいことが明確に定まっていませんでした。そんな時に、一つの業界に限らず、様々な業界に触れながら自分の専門分野、得意分野を見つけ出すことの出来る公認会計士という職業を知り、その点に惹かれ、学習を始めました。また、公認会計士の業務は監査だけではなく、コンサルタント業務や税務業務、IPO等幅広い業務を行える点にも魅力を感じました。さらに、女性として長く働く上でワークライフバランスの取れた働き方ができる公認会計士の資格を持っている事は有利だと考えました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAには学習をサポートしてくれる体制が整っています。
合格までの道のりは思うようにいかないことがあるかもしれませんが、そんな時は友達でも、チューターでも講師でも、周りの人に頼ってみてください。
CPAの方々は必ず助けになってくれます!学習は努力した分だけ成長すると信じています。応援しています!

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する