1発
合格

自分の理解度に合ったアドバイスをしてくれたので、学習計画を修正しながら成績を伸ばしていけました。 ---岩野 将季さん

CPAを選んだ理由

働きながら受験勉強を開始するにあたって通学講座は難しかったため、通信講座を選択しました。
各科目ごとに自分に合った講師を選べる点と、対面でなくとも講師に質問しやすい環境が整っている(質問可能な時間帯が長い、予約のしやすい)点、また理解重視の学習スタイルに魅力を感じ、CPAを選択しました。

自分に合った講師の授業を受講できましたし、入会直後から論文式本試験の直前まで数え切れない程の質問に応じていただきました。
これらのサービスがなければ短期での一発合格は難しかったです。予備校の選択は間違っていなかったと確信しています。

CPAの良かった点

一つ目は質問対応の良さです。
各科目どの講師もすぐに質問予約ができ、学習相談や自分の理解度、進捗に合ったアドバイスをしてくれたので、随時学習計画を修正しながら着実に成績を伸ばしていけました。初歩的な質問や時には的外れな質問であっても非常に丁寧に回答いただき安心して質問できたので、自分一人で悩みを抱え込むことなく受験生活を送れました。

二つ目は教材です。
他の予備校と比べ分厚い教材を用い情報が網羅されている一方で、論点ごとに重要性が記載されており、その重要性に応じてメリハリのある講義が実施されるため、どの論点を重点的におさえておけばいいのかわかりやすく、復習する際にも重要性を意識した効率的な学習ができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は、前職で公認会計士の方とお仕事をする機会があり、その方とお話をして興味を持ったことがきっかけです。

前職では税務関連の仕事でしたが、次第に税務にとどまらず広く会計の専門家として手に職をつけたいと考えるようになりました。
監査証明という独占業務を通じて日本を代表する上場企業の経営に触れることができるのみならず、アドバイザリーや税務等、様々な業務を通じて社会に貢献することができるというのは非常に魅力のある仕事です。

公認会計士として経済社会の共通言語である会計の専門性を高め、多種多様なフィールドで活躍したいと考え、志しました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

CPAは年々合格者数はもちろん、素敵な講師やサービスも増えています。
CPAを信じてきちんとカリキュラムを進めていければ自ずと合格は見えてきます。

公認会計士試験は難しい試験ですし、受験勉強の過程で何度もつまずくことがあると思います。
その際に重要なことは、なぜ公認会計士を目指しているかという理由を明確にしておくことです。
その理由が自分の中で明確であれば辛い時でも今一度踏ん張ってカリキュラムについていくことができます。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する