CPAに移籍した理由は講師の選択肢の多さと気軽に質問できる環境 ---佐々木 真寛さん

CPAを選んだ理由

合格者

最初は友人が通っていた紹介で何も考えずに他大手予備校を選んだのですが、講義の選択肢の少なさや質問する機会の少なさに不安を感じていました。他大手予備校に通っていた頃は、働きながら勉強していたのですが、このままの環境で受かる気がしなかったため、学習に専念するタイミングでCPAに移籍しました。

CPAに移籍した理由は講師の選択肢の多さと気軽に質問できる環境と奨学金制度があったことです。 私は社会人経験が短く、貯金もさほどなかったことから奨学金制度がなければ移籍することはできなかったと思います。 どうしても借りなければならなかったため、校舎へお伺いして事情を説明した記憶があります。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、複数ありますが、一番の良かった点は、自分の勉強の進捗に合わせて柔軟にコースを変えていただける点だと思います。 私は当初2年スタンダードコースで勉強をしていたのですが、コロナの影響で短答式試験が延長されたこともあり、短答を前倒しで受かるために講師の方に相談すると2年速習コースに変更していただくことができ、その結果短答の前倒しで合格することができました。

このような対応は前の予備校では出来なかったように思いますし、CPAを選んで良かったなと思う瞬間の一つでありました。 また、多くのひとが言うように自分にあった講師を選べる点やテキストの分かり易さ、予備校の学習環境などももちろん良かったです。

公認会計士を目指した理由

私は大学時代は経済学部だったのですが、簿記の講義が本当に嫌いで2級の講義を落としたことがあるくらい苦手意識がありました。よって大学時代に公認会計士を目指そうとは思えず、そのまま大学を卒業しました。

大学卒業後は新卒でIT系の会社で営業をすることになったのですが、幸か不幸か商材が会計系のシステムだったことから実務の経験を通して、再度会計に触れることになりました。 その時感じたことは、大学時代にはただのつまらない勉強だったものが、現実の世界で利用されていることがとても興味深く、より深く勉強してみたいと思い、公認会計士を志しました。

また、大学時代の友人がフルタイムで働きながらUSCPAの勉強をしており、自分も働きながら自己研鑽目的で何か勉強してみようと考えたこともきっかけの一つであります。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士の資格は本当に魅力的な資格だと思います。資格を得た先にできる仕事の多さ、給料や安定感など何千時間をかけてでも勉強する価値のある資格なので、自分の可能性や未来の姿を想像しながら、なんとか勉強し続けて見て欲しいです。

私はまだ受かったばかりなので偉そうなことは言えませんが、会計士試験を勉強する中で得たものは本当に大きかったように思います。 みなさまが合格を掴み取ることを応援しています。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する