1発
合格

全員が同じスタート時点! 自分に合う講師でより良い学習ができる ---村山 拓さん

CPAを選んだ理由

合格者

私は、通信の予備校を前提に探していたこともありインターネット上でのサポートが手厚い予備校を探していました。そこで、CPAでは講義の講師を自由に選べたりWeb上での答練提出や短答問題集の○×問題を解ける等があり、通信生が通学生と同じ、或いはそれ以上のサービスを受けることが出来る環境であったことからCPAを選びました。

資料請求の際には、簿記3級の講義とテキストが送付されその講義が非常にわかりますく自分に合っていると感じたからです。またCPAにはコンプリートトレーニングという網羅性のある追加のテキストがあることから、計算が苦手な生徒でも網羅的に問題演習を通じたインプット勉強ができることから、CPAで学ぶことで他の予備校には負けないと感じたからです。

CPAの良かった点

・CPAは、答練をネット上で提出し他の予備校とは比べ物にならないくらい早く結果が出ます。そのため、答練提出した後すぐに、どこが取れる問題だったのかや平均との差をすぐに見つけることが出来、すぐに自分の勉強方法を修正できます。
・講師への学習相談が電話メールで行えることから、気軽に勉強方法や悩みを相談することが出来るので常に合格への最短ルートを進むことができます。
テキストがABCというように重要度が書かれてある点も他の予備校と異なる点です。これを目安に出やすいところを重点的に学習することで効率的に合格点まで点数をあげることができます。
通信では講師を自由に選択することができることから自分に合う講師を選ぶことで自分のより良い学習ができるようになります。

公認会計士を目指した理由

就職に莫大な不安を抱いている際に友達が公認会計士を目指すと言われたことから、自分も専門性を有する職業に就職したいと考え同様に公認会計士を目指そうと考えました。

最初は公認会計士というものが普通の経理の会計士と同じものであると考えていたが、インターネット等で調べてみると三大国家資格というものであることを初めて知り、専門性をつけることが出来かつ、受験資格等が何も必要じゃないという点から、全員が同じスタート時点からの勉強であり、自分でも努力すれば合格出来ると感じることが出来たため、公認会計士を目指しました。

またCPAの資料請求の際に簿記3級の講義とテキストを送付して頂き、講義を聞いてみると講義がわかりやすく自分でも学び始めるハードルが低くすぐに始めることが出来ました。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士の試験は誰でも受かる試験です。目先の合格率や点数に執着することなく、苦手な分野やまだ覚えきれていない条文等を必死に勉強すれば後々に点数はついてきます。また、周りの人の勉強時間や勉強の量が気になる人もいると思いますが、自分の勉強が1番良い方法など信じて周りに目を向けることなく自分の目の前にあるものを信じて勉強してください。必ず合格が目の前に現れます。頑張ってください。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する