CPAのラウンジは通信生も使用できたので、メリハリを付けて学習に臨めました ---多田 奨さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は一重にコストパフォーマンスに尽きます。

まずCPAはある程度調べてもらうとわかると思いますが他の予備校と比べて料金が安いです。

反面授業やテキストは分かりやすく内容も充実しており、答練も単にヤマを当てるためだけのものでなく適切内容を理解していないと正答できないような捻りが加えられていて非常に質が高いと言えます。

そして授業において名だたる講師の中から自分の受講したい講師を選択出来るなどそのサービスは非常に充実しています。特にラウンジという地域の自習室を利用できる制度(これは通信生も使えます)が自分の勉強スペースの確保に非常に役立ち、私の合格に功労者と言っても過言ではありません。したがって料金のリーズナブルさとそれに見合わないサービスの充実具合に心を惹かれてCPAの方を受講しました。

CPAの良かった点

第一にテキストが良かったと思います。CPAのテキストは網羅性が非常に高かったため、テキストを中心に学習を進めていたためそのお陰で自校のみならず他の予備校の公開模試でも高い点数をとることが出来ました。

第二にラウンジ制度がよかったと思います。ラウンジではスペースごとに区切られた自分だけの机で集中して勉強できるため通信生の大敵である私生活と勉強のメリハリを保つことができます。加えて飲み物が飲み放題なので毎日の飲料代を浮かせることが出来ます。

最後に租税法のレギュラー答練が良かったと思います。租税法は基本的な問題を確実に当てることが大事とされています。したがって基本的な問題を網羅的に反復練習できるレギュラー答練はとても役立ちました。

公認会計士を目指した理由

自分の将来に不安を感じ、人生における保険を得るためです。今後の社会生活においては一旦就職したとしても必ずしもその企業に務め続けることはできないのではないかと考えたからです。

一方公認会計士という資格はいわゆる3大難関資格といわれるものでありその市場価値は非常に高いとされています。加えて会計に関する知識はビジネス上企業の財政状態を判断する際や税金に関する手続きを行う際にも非常に役立つものです。

そのため将来転職を余儀なくされる場合や企業の人材として働き続けたい場合に公認会計士の資格が大いに役立つと考えれます。したがって公認会計士の資格により不確実性の高い現代社会において自己の地位を安定させる保険となりえるのです。

これからCPAで公認会計士を目指そうと考えている方へ

公認会計士試験ははっきり言って才能よりも努力の比重が大きい試験です。それ故に諦めずに一生懸命努力すれば誰でも平等に合格を勝ち取ることができると思います。

反面努力が結果に忠実に反映されるため例え主観的には頑張っていたとしても努力の相対値足りていなければ思うような結果を得られないこともあります。というより普通の人なら受験生活の大半がそんな感じです。
そのような時でも決して投げ出さずに諦めず淡々と机に向かうことが合格の必勝法だと思います。

合格者の声


受講生の主な就職先

資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する