1発
合格

自分に合った個別スケジュールを講師に立ててもらったことで、カリキュラムから遅れてしまった際も、遅れを取り戻すことができました ---北原 理紗さん

CPAを選んだ理由

まず、大学在学中に確実に資格取得することを目標としていた中で、CPAは特に大学在学中合格率が高いと聞き、説明会に参加しました。説明会では、講師の方が優しく丁寧に公認会計士の魅力や学習プランについて説明して下さりました。

それから情報収集するうちに、合格率の高さだけでなく他にも様々な魅力があることを知りました。具体的には、大学と受験勉強を両立できるよう大学の試験日程等を考慮したカリキュラムが組まれている点やいつでも講師又はチューターに質問・相談できる環境が整っている点、女性専用自習室がある点などです。

ここなら大学生活と受験勉強を両立して目標を達成できる環境が整っていると思い、CPAで勉強することに決めました。

CPAの良かった点

最も良かった点は、講師やチューターにすぐに質問・相談できる環境が整っていた点です。勉強がうまくいかないときも定期的にアドバイスや励ましの言葉を頂いたことで、モチベーションを維持して勉強を継続することができたと思います。

途中、サークル活動と勉強を両立できず、カリキュラムから遅れてしまった時期がありましたが、講師に個別に相談し、自分に合った計画を立てて頂いたことで遅れを取り戻すことができました。

また、講義や教材も分かり易く図や補足を用いて初学者でもイメージしやすく理解しやすいように構成されていました。さらに、毎日自習室で勉強に励む仲間に刺激をもらい、一生の友人ができたことも自分にとって大きな財産です。

公認会計士を目指した理由

以前から、女性として長く働き続けるために、何か資格を取得したいという考えがありました。その後、大学の進学先が決まり、所属学部での学びと関連のある公認会計士という資格があることを知りました。

調べてみると、資格取得に必要な勉強内容は簿記や企業法、経営学など社会人として身に着けておくべき会計やビジネスに関する知識でした。このような知識を身に着けることで様々な場所で活かすことができ、将来のキャリアの選択肢が広がると思いました。

また、試験合格後は、より働き方改革が進んでいたり女性のための産休・育休制度などが整っている環境で働くことができ、女性にとって魅力的な資格だと思いました。

このように、公認会計士という資格の汎用性の高さや女性にとってのメリットに惹かれ、資格取得を目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する