1発
合格

質問・相談が対面や電話で気軽に出来たことで、疑問点や勉強の悩みをすぐに解消しつつ、学習を進められました ---山崎 有哉さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は二つあります。

一つ目は講師の方々が真摯に受講生に向き合っていらっしゃると感じたためです。
私はサークルの先輩からCPAの存在を知り、すぐにお話を伺いたいと思い、事前に予約せずにいきなり校舎に行ってしまいました。それにもかかわらず、講師の方がCPAのコースや勉強の方針について丁寧に説明してくださり、非常に感動したことを覚えています。
以上の経験から、CPAの講師の方々はとても信頼できると感じました。

二つ目は受講生と講師の距離が近いと感じたためです。
CPAは講師の方がいらっしゃればいつでも相談可能で、かつ講師の方々が自習室の近くにいらっしゃるので、体験講座を受講している頃から質問や相談がしやすく、勉強に慣れない初期の頃に非常に助かりました。この柔軟なサポート体制が整っているCPAなら自分らしく勉強できると思いました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は三つあります。

一つ目は質問・相談が多くできたことです。CPAは講師やチューターに対面や電話で質問可能で、非常に質問しやすい環境だと思います。そのため、講義の疑問点や勉強する上での悩みをすぐに解消することができ、どんどん学習を進めることができました。また、何度も講師やチューターに質問し仲良くなると勉強以外のメンタル面の相談もしやすくなり、本試験の直前期に強い支えになりました。

二つ目は講義をオンラインで繰り返し見ることができたことです。CPAではライブ講義がオンライン上でいつでも何度でも見ることができるので、自分の弱い箇所・論点を効率的に解消することができました。

三つ目は答練・模試で実力をつけることができたことです。CPAの答練・模試の難易度や形式、雰囲気は本試験に非常に近いので、ライブで解くことで現状の実力と合格水準との距離を的確に把握することができました。また、答練を反復することで、試験問題を解くことに慣れ、得点力を高めることができました。CPAの答練・模試は試験対策として素晴らしい教材だと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、より高いレベルで会計を勉強したいと思ったためです。

私は普通科の高校に通っていたため、大学に入学した時点で全く会計のことを知りませんでした。そのため、大学に入学してすぐに基礎的な簿記の授業を受けた際に、授業の内容が全く理解できず、今後の大学生活が不安になってしまいました。授業をきっかけにして会計を勉強したいと思うようになりました。その際、公認会計士試験の存在を知り、試験勉強を始めました。

確かに会計は大学の授業でも学ぶことはできます。しかし、公認会計士試験は難易度が高く、同時に各科目の合格点を取らなければならないため、大学の授業と比較して自分にプレッシャーがかかります。そのため、大学ではなく公認会計士試験を通じて会計を学ぶことで高度な知識をより効率的に学ぶことができると思い、挑戦を決意しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する