CPAの校舎に通い、励まし合える仲間ができたことが勉強中の心の支えとなっていました ---本田 大輝さん

CPAを選んだ理由

最初は配布していたティッシュの広告を見て、予備校をCPAに決めました。加えてCPAは大学の情報誌の裏面に毎年広告があったため、印象的でした。

また、そのときの広告に無料個別相談のことが載っていて、公認会計士には少し興味があったため、とりあえず話を聞きに行くことにしました。

そこで簿記3級の講座を申し込み、気づけばCPA生になっていました。当時の自分の決断に後悔はしていません。あの時、私にティッシュをくれた方に感謝しています。

CPAの良かった点

良かった点はいくつかありますが、特に受講生とチューター、講師の間の距離が近く、通いやすい環境があることだと思います。

試験勉強中は辛いと感じることもありました。その辛さを共有し励まし合える仲間がいることは勉強していく上でとても重要なことでありCPAの1番の良さであると思います。

私は始めてから1年半の間は家で勉強していましたが成績は芳しくなく、勉強していてもなかなか長時間机に向かうことができませんでした。ですが、本試験前半年の間は、毎日のように自習室に通い、成績が著しく伸び合格することができました。

勉強をする上で最も重要なことの一つである、学習環境がCPAは整っていると思います。

公認会計士を目指した理由

私は大学入学当初から、大学生活を有意義にしたいという思いがありました。

また、当時卒業後の就職業界に悩んでいました。コンサルや商社など就活生に人気な業種や業界に行きたいと思い、大学在学期間中からできることは何かを考えました。考えているうちに、お金の動きや仕組みに興味が出てきて、簿記に興味を持ちました。そして、勉強するなら業界で1番の資格を取ろうと思い公認会計士に魅力を感じ始めました。そこからは公認会計士を目指し受験勉強を開始しました。

目指した理由がなんであれ、合格すればその願いは叶います。
また、その資格の良さは勉強をしている内にわかってくると思います。ですからとりあえずやってみることが大事だと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する