講師の方に的確なアドバイスや励みの言葉を貰い、試験に向けて勉強する中で、背中を後押ししていただきました ---池野 拓哉さん

CPAを選んだ理由

私は他校から移籍してきました。
CPAはチューター制度や、講師陣から学習戦略を直接伺えること、また、自分の現状を客観的な視点から評価して頂けることが魅力でした。

そのようなたくさんの魅力がある中でCPAに移籍しようと思った1番のきっかけは、国見先生のツイッターでした。それは、国見先生がほぼ毎日、受験生に向け熱心に勉強方法や気持ちの持ち方などをツイートしており、その受験生一人一人に向き合っている姿から移籍しようと強く決心しました。

移籍した後もその魅力通りの予備校であると実感しました。チューターに自分の分からない問題を質問できることや、答練の結果から講師陣の方からアドバイスを頂き、より質の良い学習が出来ました。

CPAの良かった点

私が思うCPAの良かった点は、まず、電話で分からない問題を聞ける点です。

それは、私が論文式試験の1日目終了後、ふと、財務会計論で忘れてしまった論点がありました。その際、すぐ電話して質問したことで解決でき、2日目に行われる財務会計論に対して万全の状態で挑むことができました。
会計学で論文式試験の点数を多く稼ぐことができ、合格できたのは、そのシステムのおかげだと思います。

次に、講師の方に学習戦略や、自分に足りないところを克服するためのアドバイスを直接受けることができる点です。私は、模擬試験で壊滅的な点数を取ってしまい、ひどく落ち込むことがありました。
その際、学習相談に行き親身に話を聞いて頂いただけでなく、的確なアドバイスや励みの言葉を頂き、前に進む背中を後押しして頂いたことに、CPAが持つ個別相談システムの強みに強い共感を得ました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、私が高校生の時に簿記の勉強を始め、日商簿記2級に合格し、更なる上を目指したいという向上心がきっかけでした。その後、実際に公認会計士の方から、公認会計士の専門性や社会に対する役割のお話を伺い、日本や世界を引っ張っていく会社を全力で後押しして行くという仕事に魅力を感じ、公認会計士を目指したいという気持ちが強まりました。

そして、高校卒業後、公認会計士を目指すべく、試験勉強を始めたのですが、簿記に加え企業法や監査論、更には、租税法や経営学の知識も必要の試験であり、簿記の知識だけでは、到底敵わないものでした。

しかし、そのような難易度が高い試験に対して、やってやるぞ!というチャレンジ精神から、公認会計士を目指す決意が固まりました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する