講師やチューターとの距離が近く質問や相談がすぐにできたので、勉強を続けていく上で励みになりました ---香川 美和さん

CPAを選んだ理由

私が通っていた大学のキャンパスの近くにCPAを含め予備校が複数ありました。漠然と予備校に通いたいと考えていた私は、その中で、大学在学中の合格率の高さを誇るCPAを選びました。

またCPAの講師やチューターの方と受講生との距離の近さも魅力に感じました。
講師の方々が懇親会を開いてくださり、在学中に合格された先輩やこれからCPAに入ろうか迷っている自分と似た状況の受験生と話す機会を設けてくださいました。その懇親会で、CPAなら講師やチューターによるサポート体制が整っており、大学に通いながら試験勉強ができると感じました。

CPAは簿記3級無料講座を開いており、そこで簿記3級の内容を学習でき、CPAで会計士試験の勉強を進めるイメージが湧きました。授業の内容もわかりやすく、ライブ講義を受けられなくても、後でオンラインで講義を受けられるのも良いと感じました。

CPAに入ってからも、入る前のイメージ通りの厚いサポートを受けることができました。

CPAの良かった点

CPAでは講師やチューターの方が常駐してくださっているため、わからないところがあればすぐに質問できるのが良かったです。また私はカリキュラムから遅れ気味だったり答練の成績が芳しくなかったりすることが多々あったのですが、講師の方が声をかけてくださっていました。一人で勉強を続けるのは大変なので気にかけてくださることで励みになりました。

会計士試験の勉強は、量も膨大で複雑な内容もあり、続けているうちに誰でも壁に当たることがあると思います。そう言った時にいつでも話せる相手がいることは心強かったです。

CPAは、学習環境も整っていました。日吉校には女性専用自習ブースがあるのですが、日当たりがよく静かで、自習するには最適の空間でした。

私は在学中に合格することがかなわず、大学卒業後は通信でCPAにお世話になりました。通信でもCPAのサポート体制は充実していました。遠隔でもPDFで答練を提出できたのでライブ受験生とのタイムラグも少なかったです。講義もオンラインで視聴できましたし、わからないことがあれば講師の方に電話で質問や相談をしていました。

公認会計士を目指した理由

父が医師、母が専業主婦という家庭で育った私は、大学3年時に就活して一般企業で働くイメージがわかず、なにか資格を取って働きたいと漠然と考えていました。どうせ取るなら独立もできる難関資格が良いと考えました。数ある資格の中でも、公認会計士は受験資格がなく誰でも目指せること、結婚や出産を経ても時短で働けること、周りに目指す友達が多かったことを理由に選びました。

CPAに入った当初はそれなりに努力すれば会計士になれるのかな程度にしか考えていませんでした。実際には、会計士試験は試験範囲も広く難易度も高いため、大学時代にサークル活動やアルバイトなどやりたいことを優先した私は、なかなか合格できずにいました。大学3年生の夏には、一般企業の就職活動をしようか本気で考えたこともありました。

しかしあきらめずに勉強を続けた結果、合格することができ、大手監査法人の内定を頂くことができました。一般的な就活は大変なイメージがありますが、監査法人の就活は論文式試験に合格すればスムーズに内定を頂けたので、すぐに働ける点も魅力に感じました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する