1発
合格

大学生活に寄り添った学習スケジュール配慮もあり、負担なく大学と会計士の勉強を両立できました ---H Sさん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだのは、大学生活に寄り添った学習スケジュールとサポート体制が整っていたからです。

そして、それらは在学中の一発合格者が多いという実績によって裏付けられており、他の予備校と比べて信頼感がありました。

まず、大学からCPA校舎までのアクセスがよく、大学の授業間の隙間時間などを効率よく利用して、同じ大学の受験生に囲まれた緊張感のある自習室で勉強できる環境があるのが心強かったです。大学のテスト期間にはCPAの講義が進まないなどの配慮もあり、負担なく大学と会計士の勉強を両立できると感じました。

また、講師や在学中に合格した現役大学生のチューターが充実しており、すぐに勉強しててわからない点や大学と両立する上で不安な点を解消したい受験生にはうってつけの予備校だと思いました。

CPAの良かった点

実際にCPAに入ってみて良かった点は、2点あります。

1点目は、教材や講義の質の高さです。

図や例を使ってわかりやすく説明してくださり、論点ごとに重要度が振られているため、効果的に学習できます。
実際に私は、重要度の高い論点に集中して学習することで、受験生の正答率が高い問題を取りこぼさず、安定して得点を積み重ねて合格を掴み取れました。また、同じ科目でも複数の講師の講義から自分の好みの講義を選択でき自分に合った学習を進めることができます

2点目は、受講生のニーズに素早く対応する柔軟性があることです。

例えば、コロナ禍で外出が難しくなったときには、教材や答練を自宅に郵送してくださるサービスや自宅から答練を提出できるサービスが開始し、安心して学習が進められました。

公認会計士を目指した理由

私が会計士を始めたきっかけは、大学生のうちに早めに手に職をつけておきたいという目的で始めた簿記の勉強です。

この勉強を通して、会計士は、他の職業とは違って、財務諸表等を通していろんな企業のベストプラグティクスを学ぶことができる稀有な存在であることを知り、とても魅力的に感じました。

また、日本では会計士の認知度がそこまで高くはないですが、日本の4大監査法人は、世界で魅力的な企業のメンバーファームであり、会計士になればグローバルに活躍できるチャンスが広がってることも会計士の勉強を始める後押しになりました。

CPAでいろんな背景を持った受験生と交流を深めることで、会計士のいろんなキャリアプランや可能性の大きさを改めて感じました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する