懇親会などのイベントもあり受験生同士が知り合う機会が多く、切磋琢磨し合える友人ができました ---水野 由樹彦さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、友人がいる点努力をする上で良い環境が揃っている点です。私は1人で自分に厳しく継続努力をすることが得意なタイプではなく、友人と切磋琢磨していく環境が必要だと自覚していました。そこで仲良い友人が所属、また懇談会や休憩室など新しい仲間を作ることができる環境があるCPAが魅力的に写り、CPAを選びました。

また、前述の理由により、ある程度、強制的に勉強できる環境が必要であると考えていたため、友人が集まって勉強している自習室は自分がサボってしまった場合にそれが顕在化する、一種の監視環境であると感じ、私にはそれが魅力的に写りました。

公認会計士試験は長い期間の勉強が必要な試験であり、自分にあった環境があると確信したCPAを選ばせていただきました。

CPAの良かった点

CPAの良い点は、自習室等の勉強環境の整備が充実している点だと思います。公認会計士試験は科目数も科目ごとの分量も多く、合格までの日程的にも長い試験なので、1人で勉強することは非常に困難が伴います。

CPAの自習室は、個人ごとの机、休憩室の整備、質問しやすい環境整備等、勉強する環境としては最適であり、また懇親会などのイベントもあり受験生同士が知り合う機会が多くあります。1人で勉強したい人も仲間と切磋琢磨して勉強したい人もどちらのタイプの人にとっても良い環境です。

また、CPAの教材は必要な知識に重要度がふってあり、人によって最低限の知識で合格したい人、知識を深めたい人に対応しており、自分に合った勉強ができる点も良い点です。

公認会計士を目指した理由

自分が公認会計士を目指した理由は、この先の人生において一生使えるものであり、資格を所持していない人と差別化を図ることができると感じたからです。

わたしはあまり自分に自信がなく、周りの人よりも特化した能力を持っていないと自覚していたため何か社会に通用する”武器“が欲しいと考えていました。そんな時、友人の話を通じて公認会計士の存在を知りました。初めは日本の三大国家資格の一つなんて自分に取ることができるものなのかとも考えました。

しかし、体験講義やCPAの講師の方々との懇談を通じて、CPAのカリキュラムに沿って努力をしていけば必ず合格することができると確信することができ、公認会計士を目指すことにしました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する