教材には細かく重要度が記載されていて、効率良く学習できたので、本試験にも自信をもって臨めました ---K Sさん

CPAを選んだ理由

勉強の環境を変えたかったので、他校から移籍しました。

CPAでは、質問したいときに質問できたり、自習室が個室ブースになっているため、学習しやすい環境であることが選んだ理由です。自習室では、周りの受験生も皆会計士受験生なので、やる気になりますし、集中力を切らさずに学習できる環境が整っていました。

CPAに入る前に受講相談に伺った際に講師の方に各科目のバランスなどのアドバイスを直接いただけたのが良かったです。

また、講義の選択肢が沢山あることも魅力の一つです。上級論文マスターコースを申し込みをしました。そのコースでは、論文対策講義をメインで受講しましたが、不安な論点や苦手な論点はピンポイントでレギュラー講義を受講するなど自分で選択できたことが良かったです。

CPAの良かった点

テキスト等の教材が充実している点が良かったです。教材には細かく重要度が記載されており、効率よく学習することができました

コンパクトサマリーという要点だけをまとめた小さなテキストがあることも学習に適しています。コンパクトサマリーは小さく軽いので持ち運びに優れています。スキマ時間に確認したり、暗記事項を効率的に学習できました。直前期は特にコンパクトサマリーが重宝しました。

また、私は租税法に苦手意識があったのですが、CPAのテキストには重要度が細かく振られていたので、学習範囲を絞って学習できました。効率良く学習できたおかげで、答練や模試で良い成績をとることができました。自信を持って本試験に臨めたのが良かったです。

公認会計士を目指した理由

何の取り柄もなかったからです。大学で勉強しても特別なスキルが身につくわけでもなく、将来の夢もありませんでした。その中で大学入学後に公認会計士という職業に出会いました。そこで、公認会計士は監査法人で働くだけではなく、他の業界に転職したり、自分で独立もできることを知りました。大学を卒業して普通のサラリーマンとして働くのは、何となく嫌だなと思っていました。

公認会計士になり会計監査のプロという取り柄を手に入れれば、人生の選択肢が広がると考えました。

目指す価値のある職業だと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する