科目毎のスケジュールを各科目の講師に相談しながら作成でき、迷いなく日々の学習を進めることができました ---比嘉 涼太さん

CPAを選んだ理由

CPAを初めて知ったきっかけとなったのは、テキストのプレゼント企画でした。

当時は、他校に通っておりましたが、効率よく理解することができず困っておりました。そして、プレゼント企画に申し込み、手に入れたテキストを拝見させいただくと、内容が非常に理解しやすく驚いたことを覚えております。

また、対面だけでなく電話やメールなど受講生ポータブルページから、いつでも質問することが可能である点にも大きな魅力を感じ、他校からCPAに移籍しました。そして、他の受験生からも分かりやすいと評判の先生方が多数在籍しており、理解しやすい講義をしていただけると安心して移籍しました。

CPAへの移籍前後のギャップは全く無く、期待以上のサービスを提供していただきました。

CPAの良かった点

私が、公認会計士の勉強を開始した当初は学習スケジュールを上手く作成できず、本当にこのままでいいのかという不安を抱きながら勉強しておりました。

その点、CPAに移籍してからは、全体の大まかなスケジュールのみならず科目毎のスケジュールを各科目の講師に相談しながら作成しました。その結果、ゴールと現時点の自分の位置、両者のギャップが明確になり、迷いなく日々の学習を進めることができました。

また、答練を受けて分析した結果、今後の学習の進め方に不安が生じた際も、各科目の講師に細かくアドバイスしていただきました。移籍前に属していた予備校では、限られた決まった日時にしか相談できず、学習スケジュールを気軽に相談させていただく機会が少なかったです。

そのため、いつでも各科目の講師に相談、質問できる環境が整っている点はCPAの特に良かった点でした。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は、2つあります。

まず1つ目は、公認会計士になれば監査を通じて日本の経済社会を支えることに貢献でき、それを通じて多くの人の役に立てると考えたからです。大学在学中に、簿記の勉強に興味を持ったことをきっかけに、会計資格の最高峰である公認会計士の立場から多くの人の役に立ちたいと考えました。

2つ目の理由としては、仕事を通じて多くの企業のビジネスを深く勉強することができると考えたからです。クライアントにより良いサービスを提供するためには、クライアントのビジネスに対して深い理解が必要です。そのために、年齢を問わずクライアントの管理職の方とコミュニケーションを行うことができるというのも魅力的であると感じました。

これから公認会計士を目指す方へ

学習を進めていく中で生じた不安は、随時講師に相談し、自信を持って取り組める学習スケジュールを作成すれば効率よく学習でき、合格を目指すことができると思います。

応援しております。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する