CPAのテキストを学習教材としてのみでなく辞書としても活用することで、疑問点を疑問点のまま放置することなく、効率的に学習できました ---M Gさん

CPAを選んだ理由

私が他校からCPAに移籍した一つ目の理由は、学習進捗や使いたい教材に合わせて受けられる講義が豊富であると感じたからです。

様々な講義が用意されていることから、科目ごとに充てられる時間を考慮して学習戦略を立てることができ、効率的な学習が実現できると感じました。

二つ目の理由は、暗記ではなく理解することに力を入れる講義が揃っていたためです。以前までは、単純にテキストや講義で言われた内容を機械的に暗記することのみをしていました。暗記に比重を置きすぎると、応用的な問題や普段の答練と問われ方が少し異なる問題が出題された際に対応することができないことが少なからずあったと感じています。

そんな中で、理解することを土台にして応用力まで養えるCPAの方針は非常に魅力的であり、移籍後は最短で合格できたため、良い選択をしたと感じています。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、他校と比べてテキストが充実していることです。移籍を視野に見学に伺った際に実際のテキストを見させていただきました。

その際に、他校では講義中にメモをすることでテキストが完成する仕組みでありましたが、CPAでは図表に至るまで詳細にテキストに記されていたため、疑問点が即時その場で自己完結できると確信できるほど充実していると感じました。

そのおかげもありまして、疑問点を疑問点のまま放置するのではなく、テキストを学習教材としてのみでなく辞書としても活用することで、結果的に効率的に学習を進められました。自身の目指す試験(短答・論文)や学習進捗に合わせて使い分けできるテキストを使用できたことは合格に大きく影響したと思っています。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、その専門性の高さから自身の社会人としての価値が高まることでキャリアの幅が広まると感じたためです。

語学力・会計スキル・ITスキルは三種の神器と言われる通り汎用性の高い能力であるため様々な活躍領域があります。その中でも公認会計士は会計スキル最高峰の資格であり、監査業務を通じて様々なビジネスモデルを学ぶことができます。

このような特別な経験を活かすことで、一つの仕事のみに活躍フィールドがあるのではなく、様々な仕事において貢献できる可能性を秘めていることが公認会計士の一番の魅力であると思います。

まだ詳細なキャリアビジョンが定まっていない段階から将来のビジョンを狭めることなくスキルアップを実現できることが公認会計士を目指した理由です。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する