CPAの教材は、論点ごとにまとめがあり、重要度のランク付けがされていて、見やすく情報が整理されていました ---S Oさん

CPAを選んだ理由

まずは、圧倒的な合格率と周囲の評判の良さがあります。

合理的に考えれば合格率が最も高い予備校を選ぶことが合格への近道ですし、実際にCPAに通っていた友人からもカリキュラムの豊富さやテキスト、講義の分かり易さで優れていると聞いていたので予備校選びではそこまで迷いませんでした。

また、各予備校のテキストを比較した際に、CPAのテキストがひときわ見やすく、情報が整理されていました。論点ごとにまとめがあったり、重要度のランク付けがしっかりとされていること、さらに地味な部分ですが用紙の材質が良いことなども、学習を進める上で大変助かりました。

自習室が充実していることも大変助かりました。CPAの自習室は快適に保たれており座席数も豊富なため最高の環境で学習を進めることができました。

CPAの良かった点

第一に、講師陣の質が非常に高い点です。

各科目とも実績豊富な強者講師が担当しており、分かりやすく説明してくれるため、講義は理解重視で進めて、残りの時間は暗記に回すことができたので効率良く学習を進めることができました。また、テキストも講義を担当する講師が作成しているので講義とのミスマッチが無く良かったと思います。

第二に、充実したウェブ受講システムと質問のし易さを組み合わせることで、フレキシブルな学習計画を組める点です。

大学の学業と両立しながら短期合格を目指していたため、校舎で授業を受けることが難しい状況でしたが、CPAであれば自分のペースで学習を進められる環境が整っています。また、自分に合った講師を選択して受講できる点もウェブ受講の大きなメリットだと感じます。

公認会計士を目指した理由

社会人として成功するためには、何か自分の軸となる専門性が必要になると感じていた際、簿記に出会ったことがきっかけでした。あらゆる取引を仕訳で表現する会計のダイナミズムに大きな魅力を感じ、またこの分野であれば理系出身という自分の強みを活かせると考えました。

CPAに入学し勉強を進めていく過程で、俯瞰的な立場で多様なクライアントのビジネスを理解できる監査業務の魅力や社会的意義を知っていき、志望度が高まりました。

公認会計士はAIにとって代られる職業である、といった主張も巷に散見されますが、会計は経済活動の根幹を成す概念であること、また新たなビジネスの登場や社会の変化に伴い会計自体も常にアップデートされていくことを考慮すると、会計の専門性に対する需要は依然として高いままであると考えます。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する