複数の種類の講義から自分の状況にあった講義を柔軟に選択し、効率的に学習を進めることができました ---飯田 涼介さん

CPAを選んだ理由

私は以前の予備校では理論系ができず、挑んだ論文試験では落ちてしまいました。

心機一転予備校を変えてみたところ、CPAの理論はとてもわかりやすく説明が的確で過不足がないので計算と理論が安定的に点数が取れるようになりました。

また、他にもCPAへ移籍を決めた理由として挙げられるのは、論文式試験の合格率が圧倒的に高く、CPAで良い成績を取れば、必ず公認会計士試験に合格できると確信したためです。

さらに、CPAでは校舎以外に様々な場所に、有料の提携自習室があるので、自分の勉強の進捗が進まなくなってきた際には場所を変えるなどの工夫をすることによって、自分自身のモチベーション低下による学習効率の悪化を防ぐことができるからです。このようにして一定のモチベーションを保ったまま勉強に集中できると考えたからです。

CPAの良かった点

複数の種類の講義にわかれており、それぞれの学習状況において自由に講義を選択でき、柔軟に対応できます

通常の講義と圧縮講義と二つあり移籍してきた当初はどちらをやれば良いのか迷ったこともありましたが、講師に相談し、まずは圧縮講義を視聴してから、その中で重要な論点や苦手な論点のみ通常の講義を視聴することで、効率的に学習を進めることができました。

さらに複数の先生方の講義があるので自分にあった先生を見つけることができ、自分にあった学習ができます。

また、答練や全国模試等で自分が今現在どこのポジションにいるかということがタイムリーに把握できるので勉強に強弱をつけることができます。

私は様々な工夫をして勉強をしており、そのやり方を導入した際に成績が上がるととても嬉しかったため、勉強のモチベーションとなりました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は3つあります。

一つ目は高校生の授業で簿記というものに出会ったことです。たとえ複雑な会計処理を行ったとしても必ず最終的には貸借が一致することにとても感動しました。したがって、この学問を究めたいと思った先に公認会計士がありました。さらに、国民経済の健全な発展に努め投資者の保護をしたいと強く思ったからです。

二つ目は様々な会社を見ることで、そこでの経験を生かすことでより多くのビジネスの体系を知ることができると思ったからです。そこでの知見を前提とした先に、さらなるステージの働き方が見えるのではないかと強く感じたからです。

三つ目は、将来歩幅がとても広がるからです。学生時代インターンをした際に自分がやりたいことが見つけることができず、自分の頑張り次第でいくらでも道が開ける公認会計士になろうと思ったからです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する