質問は納得するまで親身に答えていただき、悩みやスケジュール管理などの試験範囲外のことも相談に乗ってくださいました ---中村 祐輝さん

CPAを選んだ理由

私は他校から移籍してCPAで学習することにしました。前の予備校の友達が話題に出したのがCPAを知ったきっかけでした。もともと目当てだった予備校に行く途中にCPAがあり、話だけ聞く予定で立ち入りました。その時主に3つの理由で心変わりしCPAで学習しようと思いました。

1つ目は親身に相談に乗ってくれたことでした。どこの予備校よりも受験生のことを考えていることが伝わりました。安心して身を委ねることができると思いました。

2つ目は環境です。自習室は全てにブースがあり集中しやすい環境が整っていると感じました。また、公認会計士試験を受ける受験生だけであったため前の予備校よりも集中しやすく、周りの人の勉強している姿が自分の励みになりました。

3つ目は合格率です。他の予備校は人数だけあげており、正直あまり参考にならず、規模の大小があるのだから率で比べるべきだと思います。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は2つあります。

1点目は質問体制です。本当に自分が納得するまで質問に親身に答えていただきました。

自分でも雑な質問していると感じることがあってもしっかり向き合ってくれましたし、何を質問したらいいかわからない状態であってもその状態を解決してくれました。また、質問ではなく悩みやスケジュール管理など試験範囲外のことも相談に乗ってくれました。合格できたのも本当に質問体制が良かったからだと思っています。

2点目は答練の質や数です。前の予備校では答練の質は徐々に本試験レベルに近づいていっていたのですが、CPAではしょっぱなの答練から本試験レベルでした。これは本試験を意識して勉強することや復習にとても役立ちました。

また、前の予備校では答練の数が多く答練のための勉強ばかりで自分が出来てないところや強化したいところの勉強は出来ていませんでした。しかし、CPAの答練の数はそこまで多くもなく自分の勉強ができる程度の数で良かったです。

公認会計士を目指した理由

私は飽きっぽい性格です。公認会計士は同じ企業にずっといるわけではなく、様々な企業を見れる点が飽き性の私にはぴったりだと思いました。加えて、普通に就活したとすると、私には武器がなく希望の会社に入れないことや、希望の職に付けないこともあるだろうと考え、公認会計士の資格取得を目指しました。

また、経営に興味があり独立したかったため、公認会計士の資格は独立するのにも役立つと聞きました。

さらに、私は人から縛り付けられることがあまり好きではなく自由に生きたいと思っていました。公認会計士の資格を持つことは、国家資格という保障を持つことでありこれも魅力的でした。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する