自分に合った講師の講義を自由に選べることで、理解を深められ、モチベーションを高めて勉強することが出来ました ---宮下 侑也さん

CPAを選んだ理由

他校からCPAに移籍した最も大きな理由は、CPAの教材や答練の質の高さが魅力に感じたからです。

CPAの教材は、何回転もすることで合格に必要な知識が自然と身に付けられ、どの教科も安定して高得点が取れるほどの質の高い教材となっていると思います。

また、CPAの答練は、普段のテキストベースのインプット学習の成果を正しく分析するためのアウトプットベースの教材です。自分の本来の実力を正しく分析し、自分の位置づけを把握するとともに合格までに必要なレベルを判断することができます。

このようにCPAには、他校にはないテキストや答練の圧倒的な質の高さがあります。CPAのテキストや答練をフル活用することで、間違いなく合格できると思います!

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、講師ごとに講義の雰囲気やアプローチの仕方が違い、自分に合った講師の講義を
自由に選べるところです。

他校からCPAに移籍した理由にもある通り、CPAのテキストや答練には他校にはない圧倒的な質の高さがありますが、各教科ごとに、講師によって講義のスタイルが違う点も魅力の一つだと思います。

もともと質の高いテキストを用いて、自分に合った講師の講義を受けることで、より理解を深めることができます。どの講師にも、声の大きさ、講師の雰囲気、雑談の面白さなど、その講師にしかない魅力があり、また、受講生一人一人の好みも全く違います。

そのため、自分に合った講師の講義を自由に選べることで、自分の理解を深められ、よりモチベーションを高めて勉強することが出来ます

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は、専門性の高さとそれを活かした将来の選択肢の幅広さに魅力を感じ、さらには周りに価値を提供できる人間になりたいと考えたからです。

公認会計士は、会計を中心とした高度で幅広い専門知識が身に付けられ、それを監査に限らずアドバイザリー業務や税務業務など様々な領域の業務に活かすことができます。公認会計士だからこそ可能となる、そのような部分に魅力を感じました。
公認会計士の本業である監査証明業務と、それをベースとした様々な業務を経験し、総合的に自分の知識を深められ、自分の活躍できる領域を広げることが出来ます。

さらには、身に付いた知識や経験をもとに、クライアントに対して企業支援という形で、新たな価値を提供できるところも魅力の一つです。

学習で苦労した点や工夫した点

論文式試験の勉強は、短答式試験よりも正確かつ膨大な知識が求められるため、着々と暗記を進めるため、以前よりも学習計画をしっかりと立てました。

特に論文答練をできるだけタイムリーに受けようと思ったため、校舎での答練受験日に合わせて自分も答練の受験日を決め、そこから逆算して勉強計画を立てていました。

また、実際に毎日勉強を進める中で、実際の進捗と計画の間に乖離があった場合には、できるだけ無理のない計画となるよう修正するよう心掛けました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士試験は、合格までに一般的に3000~5000時間の勉強を必要とすると言われていることから、非常に難関な資格試験です。長期的な勉強と相当な覚悟を必要とするため、その厳しさに不安になったりする受験生もいることでしょう。

しかし、自分が信じる勉強を続け、ぶつかった壁を乗り越えていくんだという精神があれば、必ず合格できます!

将来合格した自分の姿を想像しながら、日々の勉強を頑張ってください!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する