1発
合格

教材には要点がまとめられており、各論点の重要度付けがされていたため、効率的な学習ができたと実感しています ---T Mさん

CPAを選んだ理由

教材の質が良いとの評判を聞きCPAを選択しました。実際、要点がまとめられており、また各論点の重要度付けがされていたため、効率的な学習ができたと実感しています。

・また、CPA受講前にも講師の方との相談があり、その場で現在の学習状況、及び今後の予定を伝えさせていただいたところ、結果としてCPA受講が最善の選択肢であるという結論に至り、受講に至ります。

・実際に受講したのは租税法速習講義でしたが、短試験日から論文試験まで期間が短い中で、コンパクトに合格点を取れるレベルまで達することができる点、また価格がリーズナブルであった点も受講に至った理由の1つです。

・他、SNS等での発信内容も拝見し、講師の方々の真摯な姿勢に惹かれました。

CPAの良かった点

各人の置かれた立場に応じた学習カリキュラムが提供されていた点です。私のように在職の中で合格を目指す立場としては「成績上位で合格する」のではなく、「合格点を確保する」という目標に向けた学習方法の説明があり、大変助かりました。

・SNS等で各講師の方々が各論点の要旨や、試験に向けた激励の言葉、プライベートなことも含めて積極的に発信されていたため、自らが受講していなかった科目も含めてCPAの講義の特徴が体験できた点、また各講師の方々を身近に感じられた点は良かったです。

・通信制コースの存在は大変助かりました。自らの業務状況等に応じ、学習を進めることができたので、効率的な学習が図れたと考えております。

公認会計士を目指した理由

ジョブ型と言われる雇用形態が世間で注目される中、自分自身も何か専門スキルを習得する必要があると思い、資格取得を目標に設定しました。

その中でも、活用できるフィールドが広い資格を探していたところ、公認会計士の資格を見つけ、志望に至りました。さらに、監査法人入所後に多様なキャリアで実際にご活躍されている会計士の方々がいらっしゃることを知り、より強く、公認会計士になりたいという気持ちが高まりました。

併せて、私の場合は、大学時代商学部に所属しており、簿記や会計学の講義は経験していたこと、また、日商簿記検定の勉強もしていたことから、公認会計士試験科目に対するアレルギーは少ないと考えておりました。なお、実際には、日商簿記検定2級までの知識のみでは、公認会計士試験科目でカバーできる範囲は、ごく一部でした。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する