講師は各科目の進め方だけでなく、全教科のバランスや中・短期的な目標についても相談に乗ってくれました ---安井 千晶さん

CPAを選んだ理由

途中まで別の予備校に通っていたのですが、その時からCPAのテキストを購入していたので教材の質の良さは知っていました。CPAのテキストは冊数も多く分厚いのですが、その分説明が丁寧で読んだだけでも理解がしやすかったです。

また、家では集中しにくく、ブース型の自習室が近くになかったのでCPAの自習室は羨ましく思っていました。

前の予備校ではそもそも授業にあまり出れておらず自分でテキストを読み込んでいた箇所が多くあり、一度目の論文式試験では本番に対応できるだけの理解が足りなかったのも失敗した原因だったと思ったので、次は理解を重視した講義とテキストがあり個別型のブース自習室も完備するCPAで学び直すことに決めました。

CPAの良かった点

CPAの先生たちは公認会計士試験合格者が多いので、各科目の進め方だけでなく全教科のバランスや中・短期的な目標について相談できる点が良かったです。

また相談や質問は前もって時間と講師を指定することが出来るので、質問に行ったけど他の人の対応していていつ終わるかわからず何度も行き直すような無駄な時間がないのも有難かったです。

自習室も、ブース型自習室がたくさんあって席取りの必要もなく全ての席に手元ライトやコンセントやWiFi等が揃っていて一日中集中して勉強できました。

また受講生は学生だけでなく幅広い年代の方がいらっしゃったので疎外感を感じる事もなく、個々で真面目に取り組んでいる方が多く自分も負けずに頑張ろうと思えたのも良かったです。

公認会計士を目指した理由

小さい頃から商店街で育ったこともあって、昔から商売に興味がありました。次々と新しくできては潰れていく商業施設や経営難で困っている友だちのお家を見てきて、自分に何も出来ない不甲斐なさを感じてきました。

そんな時に公認会計士の存在を知り、身近な困っている人々に会計のプロとして会計面でのアドバイスを出来るようになり頼ってもらえるような存在になりたいと思ったことがきっかけです。

公認会計士は上場企業の監査をするだけでなく監査をする中で企業の内部統制についても学ぶので、商売をするものとしてのお手本を上場企業から吸収して指導できる立場になりたいと思いました。

公認会計士の資格は難関であっても、取れば将来の選択肢を幅広いものになると思ったので目指すことに決めました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する