自分に合った種類の講義が自由に選べるので、科目別に基礎から学びなおしたり、得意科目をさらに伸ばすことができました ---吉田 亮さん

CPAを選んだ理由

短答式試験を合格できないまま受験が長引き、受験予備校をインターネットで調べたとき、情報発信を積極的に行っているCPAが目に留まりました。パンフレットも、アピールポイントが凝縮されており、新しい環境で勉強して結果を残せるような期待感が持てました。

電話で受講相談した際、学習に良い環境であることがわかり、学習環境を一新するために、数日後に移籍を決めました。また、働きながらの受験だったため、スケールメリットを生かした、きめ細やかな勉強の進捗管理が魅力的でした。

中でも、CPAに移籍した最大の理由は講義選択の自由度です。科目別に基礎から学びなおしたり、得意科目をさらに伸ばすために、自分で講義を選択できるのが良いと思いました。

CPAの良かった点

CPAに移籍した理由は、講義選択の自由度です。値段はそのままで、レギュラー講義から特化型講義まで、さらに自分に合った講師の授業が自由に選べるというのが最大の魅力だと思います。さらに、チャプター化された講義では、自分の理解の弱い論点を集中して克服するのに役立ちました。

私がCPAで学んで1番良かったことは、教材の充実度です。テキストは網羅性を兼ね備えつつ、重要性によるメリハリがつけられています。答練は、ペースメーカーとして利用できるように、ちょうどよい分量でした。

また、質問がいつでもメールででき、しかも返信がはやいため、疑問点を残さずに学習を進められました。生徒のおかれた環境に対して即応した学習スケジュールの策定等サポートも充実していました。

公認会計士を目指した理由

学生時代より、職業会計人として海外で働くことを目標にしてきました。

社会人となっていましたが、いまいち自分のスキルが明確でなく、将来のキャリアに漠然と不安を抱いていました。そんな折、立ち寄った書店で、情報を調べ、自分も受かるに違いないと思い、公認会計士資格の取得を目指しました。

また、求職者有利な売り手市場であり、手に職をつける上でも、転職のチャンスだと思いました。

税理士とどちらを目指そうか悩みましたが、公認会計士を取れば税理士登録もできるため公認会計士を選びました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する