理解を重視した講義や教材、常駐チューターや講師への電話相談など、苦手科目を克服するための学習環境が整っていました ---太田 裕史さん

CPAを選んだ理由

私が他校から移籍した理由は、公認会計士試験の合格を第一に考えたときに、以前通っていた予備校でもう一年過ごすよりも、CPAに移籍し、理解を重視した講義質の高い教材を通して、苦手科目を克服するのが得策だと考えたからです。

それは移籍を検討しCPAの各講師に受講相談をした際、他校からの移籍者数が非常に多く、そのほとんどがその後すぐに合格している実績があること、移籍してきた人向けのカリキュラムや教材が非常に充実していることに感心し、ここでもう一年頑張れば合格できるのではないかと確信したからです。

結果として無事合格という輝かしい成果を残すことができ、あのときの選択は決して間違っていなかったのだと思います。

CPAの良かった点

CPAの一番よかった点は、理解を重視した講義や教材常駐チューターや講師への電話相談など、自分の苦手科目を克服するための学習環境が完璧に整っていたことです。

特に今まで一番苦手にしていた監査論は、講義やレジュメのクオリティが高く、自分の理解力が徐々に高まっていることを実感しながら勉強を進めることができました。

また、いい仲間に出会えた点も非常に良かったと思っています。移籍した当初は一人孤独に勉強していく覚悟もしていたのですが、チューターに受講相談したり、親睦会に参加したりする中で徐々に勉強仲間が増えていきました

彼らは非常に勉強に対する姿勢が真剣で優秀であり、彼らと日々を過ごす中で常に刺激され励まされ、コロナ禍により勉強のペースを崩す人が多い中、なんとか持ち堪え、合格を勝ち取ることができたのはこの一緒に戦ってきた仲間がいたからだと思います。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志したきっかけは、高校在学中、周りの優秀な友人たちと過ごすうちに、何か自分の将来のキャリアの自信となる武器が欲しいと考えたからです。将来はビジネスの世界で活躍したいと考えていた私にとって、公認会計士はビジネスでのキャリアの幅が広く、これは人生において大きな強みになると考えました。

また、附属の高校に通い大学受験を経験していない自分にとって、学生のうちに何か1つ大きな目標に向かって努力し結果を出すことは、間違いなく自分にとって非常に貴重な経験となるだろうとも考えました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する