講師と対面相談ができるほかにも、電話やメールでの質問・相談もでき、質問制度が充実していると感じました ---前波 佑未子さん

CPAを選んだ理由

短答式試験合格までは他校で勉強していましたが、監査論がとても苦手で、その時に通っていた予備校では論文式試験で合格できるレベルまでに自分の点数を上げることができるのか不安でした。そこで、論文対策を始める時点で他の自分に合ったより良いテキストや環境があるのではないかと思い、他の予備校に相談に行くようになりました。

その際、見せてもらったCPAのテキストの濃密さや、具体的な試験対策を見て、また、校舎にいる勉強している人たちの雰囲気を見て、集中して勉強に向き合えると感じました。

また、わからない部分があった時、先生がすぐそこにいるためすぐに質問しやすいという点にも惹かれて予備校を移籍してCPAで勉強を始めるようになりました。

CPAの良かった点

CPAは質問する制度がとても充実していると感じました。校舎にいらっしゃる先生にも、また違う校舎にいらっしゃる先生にもすぐに電話等で質問ができたことは私にとってとても有効でした。また、時間の都合が合わないときは、メールでも質問を受け付けてくれていたのはとてもありがたかったです。

そして特に経営学なのですが、公式の証明が載っており、公式を最初から覚えるより、どうしてその式になるのかがわかった上で覚える方が私にとっては覚えやすくて向いていました。

また、答練が多すぎないことは私が勉強のスケジュールを組むのにとても良かったと思います。答練は自分の位置を知るのに有効ではありますが、私自身は頻度が高いと今回はもういいや、などと全体的にだれてしまう可能性があったのでちょうど良い回数で毎回答練を受けることができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志したのは、大学でお世話になった先生から影響を受けたことが大きな理由です。

私の祖父が税理士であったことから経済や金融に関係する分野に興味を持ち、商学部を選んだのですが、その時点ではまだ具体的に税理士や公認会計士がどのような内容の仕事をしているのかわかりませんでした。

しかし、大学1年生の時にお世話になった先生が公認会計士の方たちとお話する場を設けてくださり、監査法人に訪れる機会があり、そこで仕事内容を教えていただいたことから具体的に公認会計士という職業をイメージでき、また、公認会計士試験は難しいものではあるけれど、努力し続ければ必ず合格できるという言葉を聞いて、私も頑張ってみたいと思いました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する