1発
合格

講師やチューターの方が定期的に進捗状況や勉強面、その他の面でも相談に乗ってくれて、飽きずに勉強を継続できました ---三上 優さん

CPAを選んだ理由

同じ大学で会計士試験に合格された方がCPAの受講生だったので、CPAを選びました。

他の予備校にはお話を聞きに行っていないのでわかりませんが、CPAにはじめて伺ったとき、丁寧に対応していただきこの予備校なら安心して任せられると思いました。

また、もう一つの要因として国見先生が書かれた書籍があります。会計士という資格を大学で初めて知ったとき、自分自身でもう少し調べてみようと思い本を買ったことがあります。それがたまたま国見先生が著者の本でますますCPAに通ってみたいと思った記憶があります。

私がCPAに通い始めた頃から合格者数も大きく増加していき、サービスも充実していったことから本当にCPAを選んで良かったと振り返ってみて思います。

CPAの良かった点

講師やチューターとの距離が近く定期的に相談にのっていただき、飽きずに勉強に取り組めた点です。

私はこの試験に挑戦するまで、何かに継続して取り組むという経験があまりありませんでした。そのため、学習初期においては本当に続けていけるのか不安もありました。

しかし、講師の方が定期的に進捗状況について相談にのってくれたりチューターが勉強面やその他の面でも話を聞いてくれて飽き性な私でも続けることができました。本当に感謝しています。

また、同じ受験生に大学生が多かった点もCPAを選択して良かった点だと思います。私は早稲田校に通学していたので大学生が多く、常に成績を切磋琢磨していける友人ができたことで合格に大きく影響したと考えています。

公認会計士を目指した理由

大学の授業で公認会計士という資格を知りました。

資格取得までは大変ですが、一度資格を取ると女性でも働きやすいということを知り、興味が湧きました。自分でも調べてみると、まずは簿記の勉強から始まるということがわかり、簿記なら高校生でも取れるというし軽い気持ちで挑戦できそうだなと思ったのが始まりです。実際に学習初期はカリキュラムにも余裕があるのであまり難しく考えず始められる資格だと思っています。

私のようになんとなく将来が不安だけどどうすればいいかわからないと思っている方には、是非勧めたいです。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する