CPAの解説は、理解のための情報に過不足がないため、ストレスなく学習に取り組むことができました ---諏訪 泰輔さん

CPAを選んだ理由

大学入学直後に公認会計士を志し、複数の予備校でお話を伺いました。

講義やテキストについての説明を受け、簿記3級レベルから丁寧かつ詳細な解説がある講義を受講できること、講師の方に講義の進み方や学習のコツなどを伺い、不安に思っている点や疑問点を解消していただけました。

実際に学習をスタートし、簿記3級レベルの基礎から丁寧かつ詳細なテキスト、講義が用意されていたため非常に進めやすいと感じました。

大学入学直後から生協などでCPAの説明会が開かれていたために興味を持ったこと、また日吉に住んでいたため通いやすいと考えたという面はありますが、毎日自習が使える点や講師の方が親身に相談に乗ってくださるという点に非常に魅力を感じました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、講義のわかりやすさや講師、チューターの方への質問のしやすさなど枚挙に暇がありません。

そのなかでも個人的に強調したいのは、テキストや答練の解説が「ちょうどいい」という点です。説明が短すぎると情報が足りずに理解できない、長すぎると必要以上に情報が入ってくるためかえって理解できない、ということがありますが、CPAの解説は理解のための情報が過不足ないためストレスなく学習に取り組むことができました。

大学在学の4年間アルバイトをしていたため、質問に行けない時でも解説を読むことで理解ができたのは非常に助かりました。

より詳細まで知りたい人は講師の方に質問するなど、サポートが充実していたのも良い点として挙げられると思います。

公認会計士を目指した理由

私は大学受験時に浪人を経験し、目標をもって物事に取り組む重要性を痛感しました。

その後、大学の講義を受けるなかで会計に関心を抱き、その分野の専門家である公認会計士に自然と惹かれていきました。CPAで登川先生に公認会計士について説明していただくと、大学在学中の数年間目標に向かって学習に取り組めること、また合格後も自分の努力次第で活躍の幅を広げていけることがわかりました。

就職活動(特に文系)が厳しいと言われている状況で武器となる資格を手に入れられることも大きな魅力のひとつでした。

大学生活で何かひとつ成果として残るものに取り組もうと考えていたこと、講義で会計に興味を持ったことが重なり、私は公認会計士を目指しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する