1発
合格

試験においての重要度が示された教材と、わかりやすい講義でによって、学習効率が上がりました ---上田 雅幸さん

CPAを選んだ理由

短答までは他校の短答対策コースを受講しておりました。論文対策のコースを受講するにあたって、継続受講するのではなく、CPAに移籍することにしました。移籍した理由は大きく二つあります。

一つ目はSNS等を通じて講師の方々が積極的に情報発信しており、信頼できると感じたからです。当初は他校生でしたが、SNSの情報は常に確認しており、こんな講師の授業を受けてみたいなと感じていました。

二つ目は、自習室を含めた校舎の環境です。長机のタイプの自習室ではなく、個別ブースになっていることで集中力が増し、学習効率が上がっていたように思います。

また、質問体制も充実しており、論点の内容から学習計画に至るまで、様々な質問ができるのが非常に魅力的だと思いました。

CPAの良かった点

論文対策からの移籍だったのですが、論文対策に特化した論文対策講義が非常によかったです。

各科目の教材には論文式試験においての重要度が示されており、また、上級論文コースでは、科目によって短答特有の論点は省略されており、学習効率が上がったように思います。

授業も非常にわかりやすく、論文式試験において重要なのかどうかを明示して頂けるので、無駄な学習をしなくて済んだように思います。この試験はどこまで深く突っ込むのか、あるいはあえて切ってしまうのかの選択が非常に重要かと思いますので、非常に学習の指針になる授業だと感じました。

また、対面や電話にて講師に直接相談ができるので、自分の学習進捗度に合わせた計画を考えて頂けると思うのでぜひ利用してみるといいと思います。

公認会計士を目指した理由

何か専門的な知識を持ち、プロフェッショナルとして生きていきたいと思ったからです。

前職はジョブローテーションがあり、ジェネラリストとして育っていく環境でした。一つの会社を色々な角度から見て、学び、様々な業務を経験することも魅力的だとは思ったのですが、社会に対して発信できる自分自身の強みが育ちにくいようにも感じ、公認会計士というプロフェッショナルに関心を抱きました。

公認会計士は監査業務はもちろんのこと、会計という専門性を活かしてコンサルに携わったり、企業の経理に所属したり、当然独立という道もあり、幅広く活躍できる点に強みがあるかと思います。

将来の自分自身の可能性を広げ、社会で活躍していくには最適な資格だと思い、目指す決意をしました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する