1発
合格

図を多用し、内容が詳細に書かれた教材はわかりやすく、復習にも使いやすかったです ---渡壁 颯太さん

CPAを選んだ理由

身の回りにCPAで勉強している先輩や同級生がいたこと、無料の簿記3級の入門講座で教材の丁寧さと授業のわかりやすさを体感することができたことが、CPAを選んだ理由です。

最初の個別説明会で、公認会計士という資格についてわかりやすく教えていただき、その流れでCPAの簿記3級の講座、2級の講座、そして公認会計士講座というように進んでいきました。

大学の近くにあり、大学生活に合わせてカリキュラムが組まれていることにもとても魅力に感じました。

正直な話をすると、私は各予備校をしっかりと比較検討したわけではありませんでしたが、CPAでは様々なことが受講生の視点で便利になるように日々改善されていると感じられたため、不便に思うことや不満に思うことが非常に少なかったです。

CPAの良かった点

とにかく教材が使いやすかったことです。

基本的に一回で理解できるよう、ゆっくりとわかりやすく授業してくださるのですが、なんとなく曖昧な理解のまま授業が進んでしまったり、復習するまでに時間が経ってしまい忘れてしまうことも多くあります。その中でCPAのテキストは、スペースを広く使って図を多用し、内容も細かく書かれているため、家に帰ってテキストを読んで復習するだけで問題なく学習を進めることができました。少し疑問が湧いたとしても、テキストに立ち戻ればほぼすべての疑問は解消したため、講師やチューターの方にほとんど質問することはありませんでした。

また、オンラインで教材が見られることも、とても便利でした。

電車での移動中などにふと気になった論点などがあったときに、教材を持っていなくてもwebで確認することによって知識の確認をすることができたのはとてもありがたかったです。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は、高校生の時は理系選択だったこともあり、「手に職をつけたい」という価値観を持っていたからです。

変化の激しい現代において、ある特定の企業に定年まで勤められる保障がなくなってきている中、どんな場所でも通用する、環境に縛られないスキルを身に着ける必要があると感じていました。
その中で、身の回りに公認会計士を目指して勉強している知人が多数いたことや、親のすすめもあり、公認会計士の存在を知りました。

そこでCPA会計学院の簿記3級の入門講座に申し込み受講したところ、簿記学習というものの楽しさを知りました。これなら2年半でも無理なく学習を続けられるだろうと考えた私は公認会計士を目指すことにしました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する