講義数が多く、状況に合わせて柔軟にカリキュラムを組めたので、自分の課題を1つずつクリアしていくことが出来ました ---S Kさん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、CPAの合格者が年々増加していることを知り、相対試験である公認会計士試験においては、合格者の多い予備校を選ぶのが1つの利点だと思ったからです。

また、通信で勉強していた私は、受験仲間という存在がいなかったため、勉強のことについて質問や相談をする相手がいませんでした。その点、CPAは質問や相談への対応制度が充実していることも、決め手の1つでした。実際、利用させて頂いた際も、迅速に、かつ、丁寧に答えて頂き、勉強の支えになりました。

加えて、CPAの人気が上がってきていると感じたこと、受講の割引制度が充実していたこと、有名講師や人気講師が多く在籍していることなども理由でした。

CPAの良かった点

受験経験があり、また、他校からの移籍である私にとって最も良かった点は、講義数の多さ及びその選択の柔軟性でした。

具体的には、得意科目は論文対策講義だけ視聴することで勉強時間を効率化でき、苦手科目についてはレギュラー講義から遡って視聴することが出来ました。

このように、自分の現在の状況に合わせて様々なカリキュラムを組めるようになっている点がとても良かったです。講義自体もとても分かりやすく、今まで理解が不足していた点や苦手だった点も1つずつクリアしていくことが出来ました。

また、勉強の質問や相談への対応制度が充実していた点も良かったところです。実際に質問した際の回答も迅速、かつ、丁寧でとても助かりました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、もともと専門職への憧れがあったことがきっかけでした。

そして、数多くの専門職の中で公認会計士を選んだ理由としては、会計が世界共通の学問であることを知り、海外で働くことにも興味があった私にとって、日本だけではなくグローバルに活躍できる会計士はとても魅力的に思えたからです。また、留学経験のある私にとっては、英語力を活かせる点も決め手の1つになりました。

私は大学を卒業してから勉強を始めたため、勉強のスタートが周りの受験生より比較的遅く、職務経験もなかったことから、不安になることもありましたが、当初目指した理由を忘れないで、諦めずに勉強を続けたことで合格することが出来ました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する