1発
合格

充実したWEB講義と教材から、自分に合った教材と講義を選び、効率的に学習できました ---長谷 優莉子さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、大学生活と公認会計士試験の勉強を両立できる環境があると感じたからです。

大学入学前から公認会計士試験の勉強を始めようと考えていましたが、同時に大学の授業やサークル活動にも積極的に参加し、大学生活も楽しみたいと思っていました。そこで、大学の日程に合わせ、また、学習開始時にはサークル活動等をしていても無理のないペースで学習を進めることができるカリキュラムが組まれている点で自分に合っていると思い、CPAを選びました。

実際に私は大学の授業、サークル、アルバイトと試験勉強を両立しながら、無理することなく少しずつ勉強にシフトしていく流れで学習を進めることができ、大学生活を楽しみながら合格を掴むことができました。

試験を終えた今も、CPAを選んで良かったと思っています。

CPAの良かった点

日々学習環境が良くなっていく実感があった、という点でCPAに入って良かったと感じました。

入った時からテキスト・講義ともに分かりやすく自習室も充実しており学習のしやすさを感じていましたが、学習を進めている間に全受講生がWEB講義を受けられるようになったり、教材・講義の種類が充実していったり、他にも多くのアイデアが実現されていることを実感してきました。そのおかげで、好きな場所で自分に合った教材・講義を選びながら効率的に学習できるようになりました。

このように常に進化し続けているCPAだからこそ、合格できたのだと感じています。

また、CPAに通う中で、尊敬する友達が沢山できました。周りの友達が努力し続けている姿を見て刺激を受け、最後まで走り続けることができました!

切磋琢磨し、お互いに支え合うことができる仲間ができるところも、CPAの最大の魅力だと感じています。

公認会計士を目指した理由

中高の通学の中で公認会計士予備校の宣伝をよく目にしていたことから、公認会計士という資格はもともと身近に感じていました。大学入学前に説明会に参加し、監査という仕事に興味を持ちました。

その他にも会計の専門家としてのキャリアの広がりがあることや、女性の活躍といった魅力があることを知り、公認会計士の資格が将来の自分の可能性を広げてくれるのではないかと感じ、公認会計士を目指しました。

そして、公認会計士試験の勉強の入り口として、簿記の入門講座を受けた際に面白さを感じたことから、本格的に公認会計士試験の勉強を開始しました。

学習で苦労した点や工夫した点

勉強時間と、その日にやるべき事という二つの目標を立てて学習するようにしていました。

答練の直前などは合格点を取るために自然とやるべき事が増えて勉強時間は取れるため、やるべき事の目標を達成することを重視しました。しかし、長い勉強期間の中でモチベーションの維持は誰もが悩むことだと思います。中々モチベーションが上がらない時は勉強時間という軸での目標を重視し、その日の中の達成感を得る事を優先しました。

この二つの目標の軸を作ることで、勉強の質を高め、量を確保できるよう心がけていました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する