快適な環境が整っている自習室を活用し、良い勉強時間を過ごすことができました ---三枝 優太さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は、3つあります。

1つ目は、快適な自習環境があると考えたからです。合格するために最も多くの時間を過ごすこととなるのは机の上です。CPAの自習室は他の予備校と比べて、新しく綺麗で、パーテーションや空気洗浄機、メモ用紙もしっかり備わっていました。快適な自習環境が整っており、ここなら良い勉強時間を過ごすことができると思いました。

2つ目は、合格率が一番高かったからです。やはり勉強を始めるからには、しっかりと合格までたどり着きたいので、その可能性の1番高い予備校にしたいと思いました。

3つ目は、予備校の説明して下さった講師の方の説明が1番丁寧だったからです。後からその講師の方は松本先生だと知ったのですが、講義もとても分かりやすかったです。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は2つあります。

1つ目は、論文対策講義です。コロナで試験が延期になったこともあり、当時まだ手応えを掴めていなかった、監査論と企業法の論文対策講義を受講することを決めました。

実際に受けてみて、講義・レジュメ共にとても分かりやすく、これをメインで回していけば合格できるなという感覚を持てました。実際にそれ以降、答練を解き捨てで使った以外では、論文対策レジュメと法令基準集のみを使用し、合格までたどり着くことができました。

2つ目は、電話での質問対応です。学習方針の相談や、内容についての質問なども丁寧に対応して頂けたのですが、それ以上に就職活動での質問などもできたことが、個人的にはありがたく感じました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は2つあります。

1つ目は、自営業をしていた父の影響を受けたからです。

幼い頃から、父がクライアントの方とコミュニケーションをとり続け、何度も議論を交わし、成長を支えている姿を見てきました。そして次第に自分もそのような働き方をしたいと思うようになりました。

2つ目は、会計士の専門性に魅力を感じたからです。

転職が当たり前となっている現代において、会計士として能力を磨き、会計・税務に関するプロフェッショナルとして生きていける能力を身につけることができます。また会計士として監査法人に進んだ後に、専門性を活かして進むことができる選択肢がとても多くあることも大きな魅力に感じました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する