1発
合格

学習中の疑問点や学習方法など、どんなことでも講師やチューターが丁寧に対応に応じてくれ、気軽に質問できました ---中村 泰盛さん

CPAを選んだ理由

大学から程近いところに校舎のある予備校を探していたのですが、複数校あった中でCPAは、他の予備校とは異なり、合格者数ではなく、合格率で実績を表示している点がよいと思ったので、体験講座(簿記3級相当の入門講座)を受講しました。

そこで、講義を担当している講師の方がかなり頻繁に校舎に常駐しており、学習相談などを気軽に行えるので、学習を進めるにとてもよい環境であると実感しました。

また私は、他の多くの受講生とは異なり、大学在学中や社会人として働きながらの勉強ではなく、大学院進学をやめて会計士の勉強に専念するかどうかを迷っていたのですが、その辺りについてもアドバイスを下さり、自分の中での決断の指針にもなりました。

CPAの良かった点

学習上のわからないところや、方針に対する迷い、また、漠然とした不安など、どんなことでも講師やチューターの人が相談に応じてくれ、毎日気軽に対応していただける点が非常によかったです。

また、答練の回数が非常に多いため、現在の自分の学力をこまめに測ることができるほか、独学では身に付きづらい、制限時間の中で得点を最大化するための処理に慣れることができ、良い経験になりました。

また、講義をオンラインで閲覧することが可能であるため、講義のスケジュールや受講する場所に縛られずに受講したかった私にとっては、とても有難かったです。

講義やテキストの内容もとても分かりやすいものであり、特に、重要度による区分けがされているのは、効率よく学習を進めるうえでとても参考になりました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志したのは、公認会計士が、会計分野で最難関の国家資格であるからです。

そのきっかけとなったのは、大学の時に受けた授業でした。その授業では、簡単な簿記の仕分けと、財務諸表を用いた会社分析を取り扱っていましたが、そこで学んだ会計の知識がとても面白かったのです。

同時に、会計分野の最難関資格として、公認会計士という職業があるということを知り、給料面や将来の安定性などもよいことから、将来の職業選択の候補として考えていました。

その後、卒業研究に取り組む際、研究に対する面白さを感じることができず、このまま大学院に進学して研究を続ける進路に疑念を持ち、一念発起して公認会計士を目指すという選択をとりました。

学習で苦労した点や工夫した点

私は、勉強に対する苦手意識はほとんどなく、やり始めると集中して続けることができるのですが、勉強を始める最初の部分で火が付かず、グダグダしてしまうことが多く、大変でした。

当初は、大学の研究室や図書館、自習室などを利用し、「外に出る」ということをきっかけに切り替えのスイッチを入れていましたが、コロナ禍で外出自粛をしている間は、それができなかったため、「外着に着替える」「好きな曲を1曲聞く」「まず計算問題を一問解く」などのルーティーンを作って、気持ちを切り替えるようにしていました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士の勉強に必要なものは、ひたむきに努力することと、その方向を間違わないことだと思います。

後者に関しては、CPAならば間違いなく導いてくれますので、あとはひたすらに勉強してください。

不安になることもあると思いますが大丈夫です。努力量は必ず成功へとつながります。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する