様々な先生の講義から自由に選択できるので、自分に合った講義をカスタマイズして受けることが出来ました ---月山 未麻さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ1番の理由は、自習室の環境の良さです。

会計士を目指す上で、自習時間にもっとも多くの時間を費やします。CPAを見学した際、個別ブースで、一人ひとり区切られており、椅子もふかふかで、本当にいい環境だと思いました。

実際に移籍して、周りは会計士試験受験者のみで、自習環境も本当に整っていて、自習に自分のペースで取り組むことが出来るようになりました。移籍して本当に良かったです。

CPAの良かった点

CPAの良かった点は、教材が優れている点です。

CPAの教材は理解を重視しており、回転期に入ったとき、定着度が全然違いました。私自身短答試験を突破することに苦労したため、理解に重きを置いたことで、結果が変わることを身をもって実感しました。

また、授業の数がたくさんあることもいい点です。1つの科目でさまざまな先生の授業を受けられるため、自分の所属校舎にいらっしゃる先生をあえて選んだり、何回か受けてみて、自分に合う先生の講義を受けられるため、自分のレベルに合った講義をカスタマイズして受けることが出来ました。

その分、選択肢が多いため、よく亀尾先生に学習相談に乗っていただいていました。

最後に奨学金割引制度です。これは本当にありがたかったです。

公認会計士を目指した理由

女性の公認会計士として、社会で活躍したいと思ったからです。

大学生時代に大学が開催したキャリアイベントで、監査法人に訪問する機会がありました。

そのときに、女性の公認会計士の方が本当に生き生きとされていたのを今でも覚えています。それから大学の公認会計士による講演等で、会計士という職業は仕事の内容も、報酬も、環境も整っていることを知りました。

私自身、結婚や子育ても経験したいですが、仕事のキャリアを諦めたくありませんでした。公認会計士という職業は女性が活躍出来る環境が整っていると思います。

そして、公認会計士の仕事は、社会に貢献したい、という私自身のやりたいことに、ピッタリな職業だと思いました。

このように、自分自分が求めるキャリアを実現可能だと思い、公認会計士を志しました。

学習で苦労した点や工夫した点

理解を深めること、回転教材を作りあげ、しっかりと回転することを意識していました。

大学院との両立は難しく、なかなか、間に合わないな、と思うことは多かったです。しかし、時間の制約があるのはみな同じ条件なので、1ヶ月ごとに学習方針を見直し、受験勉強に費やせる時間にベストを尽くしました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する