Web講義では動画をサクサク視聴できたので、まったくストレスなく講義に集中できました ---R Kさん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は、ずばり駅から近い予備校だったからです。

どの予備校を選んでも勉強するべき量は同じですので、それなら一番勉強に集中できる環境を選ぶべきです。自宅でも集中して勉強できるすごい人は別ですが、予備校の自習室が最も集中できる環境である場合、自習室に少しでも早く辿り着けることが難関試験である会計士試験の合格をグッと近づけると私は確信しています。

加えてCPAはWebから講義を倍速で視聴することができた点も素晴らしく感じます。結局、講義では覚えるべき箇所を確認することが目的ですので、できるだけ早く終わらせたいという自分のニーズとバッチリでした。

CPAの良かった点

CPAの良かった点はCPAを選んだ理由でもありますが、ここでは講義の視聴環境について詳述します。

私の在籍していた頃にDVDプレイヤーによる視聴からiPadによる視聴に切り替わり、自習室の机が広く使えるようになりました。これはテキストが膨大な量となる会計士試験においては画期的なことだと思います。

iPadによる視聴はWebブラウザを通じて行われましたが、CPAのWebサイトの出来がとてもよくクライアントがiPadでしたのでとてもサクサク動き、まったくストレスなく倍速の講義に集中できました(技術的にも裏のバックエンドの構成がきちんと隠匿されており感心しました)。

加えて、コロナ禍の影響がありましたが、自習室がどんどん拡張され増えていきましたので、席取りに必死にならずにすみ勉学に集中できたことも良かった点に挙げられます。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由は大小さまざまありますが、最大のものは試験一発でとれる資格の中で最も価値のあるものであったからです(予備試経由の司法試験を除く)。

試験は投下した時間・労力に比例して成果を得られる平等なものですので、数年間の暗黒期はありますが、この資格のおかげで数年後には自分の人生が大きく開けると考え、公認会計士を目指しました。

大学は理学部を卒業し社会人でソフトウェアエンジニアをやってましたので、まったく畑違いである会計士試験に社会人になってから挑戦するようになりましたが、国見先生を始めとするCPA講師・スタッフ一同のおかげで楽しく勉強でき大きな苦労せずに合格できたと思います。どうもありがとうございました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する