答練や模試のWEB上で提出でき、返却もスムーズだったので、効率よく復習できました ---楮本 洋介さん

CPAを選んだ理由

私は会社を退職後、他の予備校で公認会計士試験の勉強を始めました。当時、私は財務会計論の理論が苦手で、思うように得点が伸びず、初めての短答式試験は不合格でした。

そこで、財務会計論の理論を対策するため、CPA会計学院の短答対策講義を単価で受講し、短答式試験を突破することができました。

短答式試験に合格しましたが、当初の予備校では短答特化コースを受講しており、新たに論文コースを申し込む必要がありました。

他の予備校も含め色々な論文コースを検討しましたが、短答対策講義のおかげで短答式試験突破を果たすことができたので、CPA会計学院に移籍することを決めました。

また、論文コースの受講料が他の予備校よりも安価だったことも、CPA会計学院に移籍した理由の1つです。

CPAの良かった点

CPA会計学院の良かった点は3つあります。

1つ目は、講義を自由に選んで受講できる点です。

各科目で得意不得意があると思いますが、得意科目は圧縮講義、苦手科目はレギュラー講義など自由に選んで受講することができます。また、科目によっては複数の講師の講義が配信されているため、自分に合った講師を選ぶこともできます。

2つ目は、講師に相談・質問しやすい環境がある点です。

事前に予約しておけば、好きな講師に相談・質問をすることができます。もちろん講師にほかの方の予約が入っていない場合は、予約なしでも大丈夫です。

3つ目は、論文の答練や模試の提出を受講生専用サイトから行うことができ、時間的メリットがある点です。

私は通信講座だったので、答練を自宅で受けていました。答案を郵送する場合、予備校に到着するまで1日〜2日かかってしまいますが、受講生専用サイトを経由すれば即時に答案提出ができます。これによって答案返却までの時間が大幅に短縮され、復習の効果を上げることができました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、公認会計士は専門性が高いスキルが身につき、今後の人生において武器になると考えたためです。

私は大学卒業後、銀行に就職して営業を行なっていました。しかし営業を行なっているだけでは、自身にスキルが身につかず、このことに不安を覚えていました。

将来について色々と考えている中で、興味を持ったのが公認会計士でした。銀行では税理士の方と接する機会が多くありましたが、税理士は取得までに5年程度の期間を要するため、比較的短期間で取得できる公認会計士を受けてみようと決心しました。

公認会計士になれば、監査だけでなく、アドバイザリーや税務など幅広い業務に携われる機会があるため、非常に魅力的な資格だと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する