一つの科目に対して複数の講師が講義を実施し、それぞれの切り口で説明しているので、内容が理解しやすいです ---友永 達哉さん

CPAを選んだ理由

CPAを選んだ理由は主に2つあります。

1つ目は、理解重視の講義を展開していた点です。

公認会計士試験を突破するためには、膨大な知識の暗記が求められます。理解もせずただ闇雲に暗記をしてもすぐに忘れてしまうため、理解しながら勉強をすることが非常に重要です。自分は理解した上で勉強しないと気が済まない人間だったということもあり、CPAが提供する理解重視の講義は非常に魅力的に感じました。

2つ目はCPA大阪梅田校が開校されて間もなかったということです。

新しい物好きの私としてはCPA以外に選択肢はなかったのかもしれません。またCPAについてネットで調べていく中で、年々合格者を伸ばしていて勢いがある、適正規模だからこそ受講生一人一人に対して手厚くサポートすることができるなど、他の予備校にはない強みがあると感じたのでCPAを選びました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点をあげればきりがないですが、端的に言えば「学習環境としてこれ以上ないものを提供していただいた」ということです。ブース型デスクが並べられた自習室が整備されていたため、高い集中力を維持して勉強することができましたし、毎日同じ場所で勉強することで学習の習慣化がしやすかったです。

またCPAでは一つの科目に対して複数の講師が講義を実施しており、他校舎で実施される授業も含め全て収録し専用サイトにアップしています。

そのため授業を欠席してしまった場合や後日改めて見直したい場合には追加料金なしで何度でも受講することができます。難解な論点に出くわした際には、同じ内容を他の講師がそれぞれ異なる切り口で説明しているので、それを聞くことで大体の内容は理解できるようになっていました。

それでもわからない場合は、校舎に常駐している講師や合格者チューターに直接質問することで、すぐに疑問を解消することができました。

公認会計士を目指した理由

社会で勝負していくための武器を身につけたいと考えたのが公認会計士を目指したきっかけです。

私は大学2年生の冬に勉強を始めました。周りと同じように一般的な就活をする道も考えましたが、なにしろ自分には特筆すべき強みも自信もなかったので、せっかくなら何か自分の強みを手に入れて、それを社会で試してみたいという思いが強くなりました。

専門性を身につけ、周りに縛られず自分の興味があることに積極的に挑戦できるような働き方がないのかと模索していた時、大学内で会計士の方の講演を聞く機会があり、会計監査のスキルをベースに様々な業務に携わることができるというお話を伺いました。

すぐに、これだ!と思いました。この日以来、会計監査の専門家として自分も活躍したい、という思いが日に日に強くなったので公認会計士を目指すことを決めました。

これから公認会計士を目指す方へ

公認会計士試験を突破するためには膨大な時間を要します。

また、思うような結果を出せず、勉強が苦に感じることもあるかもしれません。私もそのような経験を何度もしてきました。

しかし、それを乗り越えた先では、とてつもなく大きな達成感や自分に対する自信、明るい未来など多くのリターンが何倍もの価値になって返ってきます。自分が選択した道を正解にするかどうかは自分次第です。

非凡な人しか合格することができないような試験では決してありません。私も勉強が得意なわけではなく、高校時代には学年最下位を取るような人間でした。それでも最終的に合格することができたのは、最後まで諦めず直向きに勉強し続けたからだと思います。

CPAには皆さんが合格するための最高の学習環境が用意されています。この道を選択されるみなさんには、ぜひ最後まで諦めずに合格を勝ち取ってほしいと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する