理解するのに必要な説明や図表がテキストに掲載されてあったので、反復学習する際、知識が頭にはいりやすかったです ---下木原 誠さん

CPAを選んだ理由

予備校選びの際、合格者数の実績や講師の方の評判、サポート体勢等を他校と比較してコストパフォーマンスが高い予備校だと思いました。

合格者数の推移がCPAのホームページ上に掲載されており、「この予備校なら絶対に合格できる」と確信することができました。

また、各講師がSNS等を利用されており、積極的に情報発信をされていたため、各講師の方々がどういった方なのか、受講申し込み前に把握することができ、判断材料の一つとなりました。

受講費用についても、他校と比較しても安く、受講費用を自分で捻出しなければならない社会人受験生の私にとっては大変ありがたかったです。

CPAの良かった点

講義・教材の質がよかったです。

理解するのに必要な説明や図表がテキストに掲載されてあったので、反復学習する際、知識が頭にはいりやすかったです。

また、講義では各論点の出題可能性や出題形式等、本試験を意識した説明がされていたのでアウトプットを意識しながら学習を進められました。

私は論文から予備校に通い始めたのですが、上級論文マスターコースでは、論文対策に特化した講義やレジュメがちょうど良いボリュームで用意されており、社会人の私でもこなせる量で、モチベーションを維持したまま日々の学習を進めることができました。

知識に自信がない論点、理解があやふやな箇所はオンラインで圧縮講義を受講し、すぐに理解につなげることができ、自分が抱える課題をすぐに解消できる環境でした。

公認会計士を目指した理由

私はいわゆる一般事業会社で経理・財務の仕事をしております。

日々の業務において、会計監査の全体像が把握できていなかったり、経理処理のもととなる会計基準等の理解があやふやであったりすることが多々ありました。

そういった会計・監査に関わるモヤモヤを解消できる学習をしたいと思い、公認会計士試験の学習を始めました。

他の受験生は大学生や受験に専念されている方等、比較的時間に余裕のある方が多いということは存じておりましたが、やるべきことさえやれば誰でも合格できる試験だと思っていたので社会人を続けながら、勉強をすることにしました。

CPAから、合格に必要なやるべきこと・抑えるべきところを的確に教えてもらえるので時間に制約がある中でも効率的に学習を進められました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する