CPAの講師は、科目の知識は勿論、受験傾向などにも詳しい一流の方が揃っていました ---T Eさん

CPAを選んだ理由

短答・論文の1回目は他校で受験していましたが、財務会計論、租税法の理解に不満がある状態でした。

受験後、法人イベントでCPA生の方と知り合い、お話をした際、CPAの講義や教材のことについて詳しく教えて下さりました。また、驚いたのが、その方の話す財務会計論の計算の理論的背景に対する理解の深さです。

以前私が通っていた学校で受けた講義やテキスト、答練ではその理解に達するには私には無理だと思いました。例えば、そのようなレベルになるには、私が以前通っていた学校では、元々頭が良くて1聞いたら10まで何となくわかってしまう人で、かつ毎日何時間も勉強したり調べたりしてようやく追いつくようなスペックが必要だと思いました。その学校でも中には分かりやすく教えて下さる講師の方もいらっしゃいましたが、その講師の方はテキスト講義ではなく、答練解説の際に当たった方でした。

そもそも根本的な理解が不足している状態なので、答練解説で例えば包括利益などの難解な論点をいかに分かりやすく短時間で解説されても、私が理解するのは普通に無理でしたし、また今年度のカリキュラムなども調べた結果、このままその学校で続けても、(財務会計論に限らず他の科目に対しても)根本的な理解をしたいという私のニーズに応えられそうにないと思いました。

このように特に財務会計論については一から勉強をし直したいと思っていたところにCPA生からお話を聞くことができ、また租税法についても軽くお話を聞いただけですが、何となく自分に合いそうと思い、思い切ってCPAに変えることに致しました。

CPAの良かった点

本当に書ききれないほどあるのですが、自分が強く感じた事を中心に述べさせて頂くと、

①講師の質の高さ
②全ての講義がweb配信されているところです。

まず①ですが、講師はその科目にかなり熟知した一流の方が揃っていました。科目の知識は勿論ですが、受験傾向などにも詳しい方が多く、専門学校の良さと大学の良さを兼ね備えているような感覚でした。

また、自ら教材を作っていらっしゃる方もいて、その場合は教材もその講師が行う講義に合わせて作られており、かなり綿密に作りこまれていました。当然ですが、全員非常に分かりやすかったです。

財務会計論と租税法についての不安を解消する目的でCPAに変えましたが、全ての科目において講師の質が非常に高く、大大大満足でした。財務会計論の計算の理論的背景、財務会計論の理論、管理会計や原価計算の理論的背景、監査論は恐らくどの学校よりも詳しく解説しているのではないかと思います。

以前の学校では、本試験に頻出の重要論点なのに、テキストや講義でなぜもっと詳しく解説しないんだろうと思っていたことや、逆に本試験にあまり出ない論点なのになぜテキストや講義でこんなに詳しく解説するんだろうとモヤモヤしていた気持ちは、CPAに来たら全て解決されました。

②ですが、CPAの授業は全てweb配信されており、自分に合った講師の授業を見られるという仕組みを取っています。

なので、ネット環境さえ整っていれば①で述べたような質の高い講義を場所と時間を選ばずに見られ、また何度でも繰り返し見ることができます。苦手科目・論点であれば、複数の講師の授業を見比べてより自分に合った説明をしてくれる講師を選べ、それでも同じ料金なので本当に便利でした。改めて、理解ができるかどうかの決め手は講師だと思いました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を志した理由は、その仕事の幅広さと働き方の多様性に魅力を感じたからです。

公認会計士は監査を通して様々な企業の外部・内部環境についての知見を広めることができ、将来はその経験を生かしてコンサルタントとして経営の助言を行うこともできる一方で監査の専門性を利用して独立開業をし、自身のライフスタイルに合わせた働き方を実現することも可能です。

私は、より自分に合った、社会への貢献の仕方と働き方を模索するため、専門性のある職業に就きたいということと、その専門性を活かせる、公認会計士としての仕事の多さに魅力を感じたことから公認会計士を志望致しました。

学習で苦労した点や工夫した点

以前の学校で中途半端な知識がある分、自分はある程度分かっているつもりだと思い込んでいた論点でも、CPAの講義をしっかり聞いてみると全然分かっていないと実感することが多かったので、想定していたよりもかなり多くの時間を講義を見る時間に費やさないといけなかったです。(試験が3か月延びて助かりました(;^_^A )

あと、講師の方々は担当科目について本当によく熟知されているので、何気なくサラッと口にする内容でも重要な意味があり、聞く・一時停止してメモ・その意味を理解できているかの確認、の繰り返しでした。

特に財務会計論の計算・理論、管理会計論の理論は、講師の方の一言一句をしっかり聞くと、「へぇ~」「なるほど~」と思うことが本当に多く、頻繁に一時停止してはメモしていたので、中々進まなかったのですが、毎回が目から鱗の連続でした。

おかげさまで、その後は少ない時間で答練を解くことができ、復習も効率的に行えました。なのでやはり最初の講義の段階において、その内容をいかに確実に理解できるかが大事と思います。

これから公認会計士を目指す方へ

元気があれば何でもできる!でお馴染みのアントニオ猪木さんの「道」が好きで、何かに悩んだときにいつも頭の中に浮かぶ言葉だったので、それをそのままご紹介します。

「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」

会計士の勉強を始めるかどうか、また始めてからも何かと悩むことはあるかと思いますが、この言葉のように、何かに挑戦する自分を誇りに思い、挑戦を恐れず、自分なりの道を切り開いていけば、いつか光が見えてくると思います。

頑張りましょう!

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する