授業や教材の質が高く、講師の方々が受講生のことを本気で大切に思われていると感じました ---古田 豪さん

CPAを選んだ理由

私がCPAを選んだ理由は講師の方々が受講生のことを本気で大切に思われていると感じたためです。私が昨年の論文式試験に落ちた後、受講相談に行ったときは講師の方に私の現状を踏まえ時間をかけて今後私がどのように学習を進めていけばよいかを一緒に考えていただきました。

私はここで絶対に合格すると決意したことをはっきりと覚えています。

また前の予備校に通っていた時は監査論がとても苦手で、私の勉強方法が悪いこともあり膨大な時間をかけながらも本番では合格点をとることができませんでした。私は以前からCPA監査論の体験授業を見てとても授業や教材の質が高い事を知っていたので、授業や教材の質が高い事の重要性を理解していたので迷わずCPAに申し込みました。

CPAの良かった点

CPAが良かった点は2つあります。

まず1つ目は質問体制が充実していることです。

チューターの方を含めるとほとんどすべての時間帯で全科目の質問が出来ました。
特に私が理解を重視していた時期に、聞きたいことを聞きたいうちに聞くことができる体制が整備されていることは特に試験の直前期にほかの人たちに差をつけられた要因だと思います。

そして2つ目は自習室の環境が良かったことです。

前に通っていた予備校は他の資格を目指されている方も多かったためか、個人的な感想ですがどこの自習室も私が十分に集中できる環境ではないことが多かったです。
この点CPAはそれに比べ物にならないほど自習室が静かで、勉強中に感じるストレスも少なかったと思います。

公認会計士を目指した理由

私は高校生の頃、社会人チームでスポーツをしていてそこに公認会計士の方がいらっしゃいました。その方が楽しんで仕事をしているように思えて、調べてみると、士業の中でも公認会計士は様々な会社の内部を見ることができ、会社内の重要人物と話すことになるなど、一般事業会社に入っては絶対にできない業務ができることを知り、私が公認会計士になればそれができるとイメージして、とても心を躍らせたことが公認会計士を志した最大の理由です。

また、私は大学受験に失敗してしまったのですが、大学受験を通じて勉強することの大切さが分かったので、リベンジの意味でも大学入学後も学生のうちでしかできないような勉強がしてみたいと思ったことも理由の1つです。

学習で苦労した点や工夫した点

私は監査論の体系的な理解に苦しみました。わかっているつもりの論点でも論文答練になると監査論の知識が体系立てて抑えられてないことを痛感しました。

そこで私は講師の方々に論文答練後は必ず答案を見ていただいて根本的にわかっていないところをあぶり出すということをしていました。

私は論文答練の中で本当の意味で本番に使える監査論の理解や知識を習得できたと考えています。毎回論文答練後に私の分かっていない所を指摘していただいた講師の方々には心から感謝しています。

これから公認会計士を目指す方へ

私は最後の3、4ヶ月で成績はのびたもののCPAに入って最初の方は学内の成績は少しずつ下がっていました。昨年の論文式試験に落ちてしまったことを長い期間引きずってしまい、過年度生という理由だけのリードは一瞬の間に前を向く論文初年度生に詰められてしまいました。

しかし、このままでは今年もダメだと本気で勉強し本気で講師の方々に質問をし、プラス思考のサイクルにはまれば私自身信じられないほど成績は伸びました。

受験勉強をしている途中に不安になられるお気持ちは痛いほど分かりますが受験勉強を始められた後はどうかできるだけ前を向いて勉強していただきたいと思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する