1発
合格

質問するための予約がいらず、対面の他にもメールや電話での質問制度もあり、迅速に対応してくださります ---山口 悠太さん

CPAを選んだ理由

大学入学後に友人とCPAの校舎に話を聞きに行きました。講師の方がその場で自ら公認会計士の仕事内容といった基礎的なものからその試験形態など様々なことをとても丁寧に説明してくださりました。

その際には一般的に語られる会計士の良い面だけでなく、試験の大変さや合格率など現実的な面も教えてくださり超短期的なコースをいきなり勧めてくるといったこともありませんでした。

お話をお聞きした結果、まずは簿記3級の無料講座を受けてみることにしました。

このようにコースの申し込みを前提とした相談ではなく本当の意味での相談を行ってくれる点に信頼できると感じました。そのため無料講座を受けた後にCPAで公認会計士を目指すことにしました。

CPAの良かった点

いつでも講師の方に質問できる点大学の周辺に自習室があった点が学習を長く続けていく上でとても便利でした。

会計士試験は理解できていない部分を放置しておくと取り返しのつかないことになってしまうのでわからない部分はすぐに質問してその場で解決することが重要になります。CPAでは質問するための予約がいらず、対面での質問がしにくければメールや電話での質問制度もありそれらも迅速に対応してくださります。

また自習室はとてもきれいで、席数も十分あり、せっかく行っても満員で学習できないということがほとんどありませんでした。

2020年に関してはコロナで自習室やライブ答練などが一時的になくなりましたが、それらへの対応はとても素早く答練などは無料で自宅に配送してくれたりしました。

直近であれば各地の有料自習室との提携オンライン自習室など社会状況や受講生の声を積極的にくみ取り、あったらいいなと思う機能をすばやく実行してくれる点もCPAの魅力だと思います。

公認会計士を目指した理由

大学に入学してサークル活動やバイトだけでなくその他に何かしらの強みを身につけたいなと思っていました。

正直、会計士でなくほかのものでも良かったと思います。その中でも会計士を目指したのは簿記3級を学習した時にとても面白いなと感じたのがきっかけでした。この点大学受験後にまた勉強をすることに対してあまり抵抗はありませんでした。

就職状況も安定しており就職活動が一般的な企業よりは楽な点や監査法人の社員への高待遇も魅力的に感じました。

また会計士はAIに代替されるという話はよく聞いていたものの、経済が回っている限り一般の人にとって理解しづらい財務や会計に関することに精通していることは社会で仕事をしていく上で強みになることには変わりないと思いました。

学習で苦労した点や工夫した点

公認会計士試験は知識を定着させるために理解することがとても重要です。

そのためCPAの講義は理解重視の講義のため暗記する負担を減らすことができました。また自分自身でも講義で講師の方が言ったテキストの文言の簡単な言葉での言い換えや説明、補足情報などはすべてテキストに書き込みました。

これが最終的に理解度の差になり本試験での差になったと思います。

これから公認会計士を目指す方へ

会計士試験はセンスが必要な試験ではないと思うので継続して勉強していれば比較的合格できる試験です。

ですが膨大な学習時間が必要のため決して楽な試験ではなく様々なリスク(新卒就活の切符を失う等)があるのでご自身の状況をしっかりと考えて挑戦するかを決めると結果に関わらず納得できる選択になると思います。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する