1発
合格

通学生もWEBで講義を見られるので、自分の予定に合わせて講義を受講することができました ---福留 宏一さん

CPAを選んだ理由

CPAで簿記3級の無料講座を受講したことが、CPAを選んだきっかけとなりました。

私はそれまでに簿記の勉強をしたことは一切なかったのですが、CPAの簿記の講義はとても分かりやすかったですし、テキストもとても扱いやすく復習がしやすかったため、短期間で効率的に簿記3級レベルの知識を身につけることができました。

また、無料講座であったにもかかわらず、講義を聞いても理解できなかった点の質問を受け付けており、CPAの受講生に対するサービスの手厚さを感じました。

また、私は早稲田大学に通っているのですが、CPA早稲田校では早稲田大学の試験等に配慮したカリキュラムを組んでいる点や、大学在学中の合格者数が多い点に魅力を感じたため、CPAで公認会計試験の勉強をすることにしました。

CPAの良かった点

CPAの良かった点としてはまず、受講生に対するサービスの手厚さを挙げられます。

通学を選択していても、WEB講義を受講することができたので、自分の予定に合わせて講義を受講することができましたし、講義はWEBで受講し、答練はライブ受験するといった学習スタイルをとることができました。

また、コロナウイルスの影響で校舎への通学ができなくなった際には、答練の解答のデータを自宅から送れるようにするといった対応を行ってくださり、とても助かりました。

答練の質もCPAの良かった点だと思います。CPAの答練は、本試験と同様に解答困難な問題が含まれているため、実戦形式の練習を何度も行うことができ、本試験において実力を発揮できるようになると思います。

公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指した理由としては、公認会計士という資格の可能性の大きさに魅力を感じたからです。最初は、公認会計士は監査という限られた業務しか行っていないというイメージを抱いていましたが、公認会計士についての説明会に参加した際に、公認会計士のキャリアの選択肢の多さを知ることができました。

また、公認会計士試験に合格することができれば、ほとんどの人が監査法人に就職することができるという点も公認会計士を目指した理由として挙げられます。

大学生になった際には、自分の強みが特になかったため、将来の就職活動に対しての不安を抱いていましたが、公認会計士試験に合格することでそのような不安を解消することができると思いました。

学習で苦労した点や工夫した点

答練や模試において正答すべき問題を間違えた際には、間違えた原因を分析し、同じような間違いをしないように意識していました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する