疑問が発生しやすいところは先回りして説明が記されている、かゆい所にも手が届くような教材でした ---酒井 雄介さん

CPAを選んだ理由

もともとは日商簿記一級を取得後に独学で会計士試験に挑んでいました。さすがに独学はきついと悟り、途中から通信が基本の予備校に在籍しておりましたが、思うように結果が出ずに困っていました。

そんな時にCPA講師主催の他校生も参加できる会計士受験生の交流会があり、参加しました。

そこでの講師の方が相談に乗って下さる様子から、CPAのサービスは良いんじゃないかと思いCPAに移籍しました。

実際に、講師に相談ができる体制だけでなく、相談がしやすいような雰囲気もあり、サービスは良いと思います。

また、SNSを通して情報発信や質問・相談を誰にでも無料で行っていることも、サービスが良いんだろうなと感じた点でもありました。

CPAの良かった点

他校からの移籍をした者として、一番CPAの良いと思うところはテキストです。特に解説がすごく丁寧だと思います。

一言で言って「かゆいところに手が届く」テキストだと思います。

たとえ試験上関係ない点あっても、「これはこういう理由でこうなっているんだよ」みたいな感じで補足されています。勉強していて疑問が発生しやすいところはあらかじめ先回りして、その説明がテキストに記されているのです。

なので質問相談がしやすいCPAではありますが、テキストに書いてあるので私は質問する必要がそんなにありませんでした。その分テキストが分厚くなっていますが、それは解説が丁寧なだけなので恐れる必要はありません。

また、CPAの良い点として、そして私が個人的に助かったのは奨学金制度です。受験が長期化して経済的に厳しかったので、予備校の費用を用意するのは大変でした。

幸いにもCPAの奨学金制度を利用し勉強を続けられ、合格までたどり着くことができました。

公認会計士を目指した理由

私は大学受験で浪人を経験しており、同じ年齢の人より出遅れているという意識がありましたので、何か資格でも取らねばと公認会計士を目指しました。

最初は浪人をカバーしようというくらいの軽い気持ちで始めましたが、やがて公認会計士という職業のポテンシャルの高さを知るようになり、日商簿記一級取得後に本格的に目指すことになりました。やはり、公認会計士には資格自体の強さがあります。

監査をすれば新人から企業の部長クラス以上の方と話せる機会が持てる上、多数の企業の会計の内部を同時に見ることができるという、ある種の特権があります。そこで得られる知見は公認会計士ならではのものだと思います。

また、監査以外のキャリアの多様さもこの資格の魅力の一つです。このように公認会計士には時間がかかっても目指す価値があります。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する