重要性の線引きが徹底された教材で、時間の制約が大きい社会人受験生でも、自身の状況にあった学習プランの設定が容易でした ---安田 憲太さん

CPAを選んだ理由

テキストのクオリティの高さに魅力を感じ、CPAでの受講を決めました。

網羅された構成でありながら、重要性が明記されており時間的制約を受ける社会人受験生にとってはベストであると考えました。重要性に関しては講義や問題集の中でも徹底されており、合格のために習得が必要な範囲が明確であるのは学習の進めやすさを大きく向上させました。

また講義の音声ダウンロードが可能である点も重要でした。通勤時間や昼休みといった隙間時間での学習が可能となり、イヤホンを使うことさえできれば出来れば復習ができるというのは非常にメリットが大きかったです。

通信での講義視聴延長制度にも助けられました。受講期間を過ぎても不安な論点は講義に戻ることができ、安心して学習を進めることができました。

CPAの良かった点

テキスト・講義・問題集・答練解説といったあらゆる断面で重要性の線引きが徹底されており、自身の状況にあった学習プランの設定が容易でした。社会人受験生ということで時間的な制約が大きいことは自覚しており、必要最小限の範囲のみの学習に絞って進めましたがこうして合格することができたのは重要性設定の精度による部分が大きかったと考えています。

時間的制約の克服という意味で、コンサマのような高速回転用教材が充実しているのも良い点でした。試験直前期には論点のみが整理されたコンサマ中心の勉強を行いましたが、暗記の定着に非常に有用でした。

通信での講義視聴延長制度中は講義の視聴に加えて質問対応も行っていただき、受講期間終了後のケアについても感謝しております。

公認会計士を目指した理由

高い専門性とそれ故に得られる経験に魅力を感じ、公認会計士を志しました。

前職の一般事業会社で経理業務に携わる中で、一貫したキャリア形成の軸として、自分の強みを端的に示す専門性が必要だと強く実感しました。そこで、これまでの経験を生かしつつ高い専門性を身に付けることができる公認会計士に魅力を感じました。

また会計士は監査業務の中で、第三者の立場から様々な組織の在り方を直接目にすることができます。一般事業会社では生涯をかけても触れるか分からない量の情報に触れ、経営層の意思決定の過程を間近で目撃し、部門や会社の枠を超えたリスク評価の視点を若い年次から磨くことができる点は、専門業務ならではの魅力と考えております。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する