電話・メールでも質問が可能で、質問したいと思った時にすぐに質問し疑問を解消できるので、効率よく勉強できました ---木村 和司さん

CPAを選んだ理由

CPAの質問のしやすい環境に魅力を感じ、CPAへの移籍を決めました。

私は地方に住んでいることもあり、以前通学していた予備校では講師が校舎に待機している時間が短く、疑問が生じた時にすぐ質問をするということが難しい環境でした。

しかし、CPAでは電話質問に加え、メールによる質問も可能であったため、質問したいと思った時に場所を問わず質問でき、すぐ疑問を解消することができました。これにより、各論点を納得して理解することができたため効率よく勉強することができました。

特に電話質問では、私が講義中の説明では理解しきれなかった点について納得するまで丁寧に説明して頂いたため、勘違いやわかったつもりの状態を避けることができたと思います。

CPAの良かった点

私が思うCPAの良かった点は上記の質問体制以外に2点あります。

1点目は答練や全国公開模試の質がとても高い点です。

答練の問題は直近の本試験の出題傾向を取り入れた内容であったため、実力チェックの役割だけでなく取るべき問題とそうでない問題の取捨選択の判断も鍛えることができ、本試験のパフォーマンスを上げることができたと思います。また、CPAでは、各答練ごとに詳細な講評があり、答練を受けた他の受験生の正答率が問題ごとに表示されるため、他の受験生が得点している問題に集中して復習することができました。

2点目は講義や教材の種類が豊富で自分に適した教材を選ぶことができる点です。

私が受講した上級論文マスターコースでは、通常講義と本テキスト以外にも、論文に特化した論文対策講義や論文対策講義レジュメが用意されており、自分が学習しやすい方を選択することができる点で個人の状況に合わせた学習がしやすいと感じました。

公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指した理由は、社会に通用する「専門知識」を身につけたいと考えたためです。

当時簿記3級の勉強をしていた際、会計系の資格の最高峰は何だろうと気になり調べた結果、公認会計士という資格の存在を知りました。

公認会計士の独占業務である監査業務は専門性が高く、常に変化する社会の中で最新の知識を学び続ける必要があるため、社会の中で役立つ専門知識を身につけることができるのではないかと考えました。

また、公認会計士は監査業務のみならず、IPO支援業務などの別の業務や独立など仕事をしていく中で新たに関心を持ったフィールドへも挑戦することができるという公認会計士としてのキャリアの多様性にも魅力を感じ、目指そうと考えました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する