1発
合格

試験合格者であるチューターに勉強方法を聞き、実践することで、「必ず合格できる!」と安心しながら勉強できました ---呉 侑樹さん

CPAを選んだ理由

1つ目として在学中1発合格率が高いことが挙げられます。公認会計士試験の一般的なコースは2年です。

2年でも長いのに、それが長引いて3年、4年・・・となるのが想像できませんでした。また在学中に受からないと大学を卒業してまで勉強をするとになるので、できるだけそれは避けたかったです。そのため在学中に合格しやすいCPAを選んだのは自然な流れでした。

2つ目として受講生ファーストが挙げられます。予備校の候補としてCPA以外の大手の予備校も考えました。しかし初めて校舎に行ったときに、公認会計士について何も知らない状態で行ったにも関わらず、公認会計士について詳しく教えてくれました。

入学後も講師やチューターの方との距離も近く、自分の選択は間違ってなかったと思います。

CPAの良かった点

講師やチューターの方と距離が近い点です。合格への1番の近道は、公認会計士試験に合格した人の勉強方法を聞くことだと思います。講師やチューターは公認会計士試験に合格しているので、彼等と距離が近いと気軽に勉強方法が知れます。

特にチューターは数十人いるので、数十通りの勉強方法を知ることができ、その中から自分にあった勉強方法を見つけることができます。その勉強方法を実践することで、「この勉強方法をしたら必ず合格できる!」、と安心しながら勉強に取り組めます。

またチューターの方と仲良くなるとご飯に連れて行ってくれたり遊んだり、さらに就活でもサポートしてくれたりと公認会計士試験の勉強以外でもも深いつながりができることも魅力です。

公認会計士を目指した理由

「保険」のために公認会計士を目指しました。

日本では未だ終身雇用制が根付いています。新卒で入社した企業に一生しがみつくというのが一般的です。私はそれが嫌でした。その企業が自分に合うかどうかわからないですし、将来転職などのチャレンジがしたいと考えるかも知れません。

また大学で授業をうけるだけでは、何も専門性がない状態で社会に出ることになり、今後不景気が続区と食いっぱぐれるかもしれないと危機感も抱いていました。

その時に公認会計士という資格を知りました。公認会計士の資格があればいつでも独占業務である監査に戻れるので果敢にチャレンジできます。また監査が独占業務である限りは食いっぱぐれません。

以上の理由から公認会計士を志しました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する