疑問が発生した時にチューター・講師にすぐに質問できたので、独学の時に比べより良い精神状態を保つ事が出来ました ---T Kさん

CPAを選んだ理由

私は当初独学で勉強を進めておりましたが、短答式試験に全く歯が立たなかったため、予備校の受講を検討しました。

独学では疑問点を解消するのが難しいと感じていたため、質問対応体制が充実している予備校が良いと考えました。

質問対応時間の制限が比較的少ない点でCPAは優れていると感じました。また、まずは合格率が低い短答式試験に合格することに集中したいと考えていたため、短答、論文のステップ毎にテキスト・講義が準備されている点もメリットに思えました。

さらに、講義が自分に合うかは実際に受講してみないと判断がつかず不安になるところですが、他の予備校では追加の受講でさらにお金がかかったりするようなシステムを採用しているところもあり、豊富な種類の講義を追加料金なしで受講可能なCPAなら、そのような不安を感じずに受講をスタートできると感じたことも大きなポイントになりました。

CPAの良かった点

すべての講義を受講可能であり、すべての教材を使用可能である点。実際に受講した講義・使用した教材は全体の中でもごく一部でしたが、合わなければ他を試せるという安心感があることは自分にとって大きなことでした。

チューターの方、講師の方両方に質問可能である点。日々の勉強で気になった細かいことの確認はチューターの方に、チューターの方に質問してもしっくりこない論点については講師の方に、という風に、質問相手を使い分けていました。このように、色々な疑問が発生した時にすぐに解決できる状態で勉強を進める事ができ、独学の時に比べより良い精神状態を保つ事が出来ました。

・母集団のレベルの高さ。模試では実際の母集団よりもシビアな評価がなされることから、モチベーションを保って勉強を進めることができました。

公認会計士を目指した理由

会社員として働いておりますが、総合職であり専門性を高めて働くことができないこと、転勤を退職まで続けなければならないことが嫌になり、専門性を高めつつ、居住地を自分で決めて働くことができる資格が欲しいと思ったのがきっかけです。

公認会計士資格は上記の条件を満たす他、受験資格がなく、理系出身にも門戸が開かれていることに魅力を感じ、目指すことにしました。幼少期にそろばんを習っており、計算分野に多少の自信があったことや、独学にて既に簿記2級を取得済みであり、企業会計への理解をもっと深めたいと思っていたことも理由の一つです。

また、海外旅行が好きで、業務の繁閑の差を利用して海外旅行にも行きやすそうなことも魅力に感じました。

学習で苦労した点や工夫した点

財務会計論:連結会計の理解には時間を要しました。渡辺先生の短答対策講義・論文対策講義を受講し、問題演習を反復することで理解を深めていきました。

租税法:暗記量が多くそれを助ける理解を中々しにくかったため、問題演習を繰り返すことで定着させました。

企業法:短答の暗記には嫌気が差しましたが、暗記すべきことを明確にし、苦手な箇所を集中的に反復することで乗り切りました。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する