著名な講師が多く在籍し、直接・電話・メールなど複数の方法で質問可能な環境があることが魅力的です ---佐藤 康平さん

CPAを選んだ理由

私は別の予備校で学習を始めましたが、短答式試験に不合格となった際に、「環境を変えたい」との思いを抱きました。そういった考えから移籍を考え始め、会計士の学習を始めた際にはおろそかにしていた予備校選びをしっかりと行いました。

そういった中で、当時著名な講師の方の移籍が多くあったCPAに興味を持ち、そういった講師の方の授業を受けたいと感じた点。
また、水道橋本校には清潔感のある自習室が完備されており、規模的にも「自習室難民」になることはないだろうと考えられた点。
直接・電話・メールなど、複数の方法にて質問が行える環境にあることに魅力を感じた点。
これらを理由としてCPAを選びました。

実際に移籍してみて、自身が魅力に感じていた点は想像通り良さがあり、安心して質の高い学習をすることができました。

CPAの良かった点

池邊先生の管理会計論については、短答式・論文式ともに大変お世話になりました。厳選されたテキストに加え、先生の非常にわかりやすい解説を聞くことで、理論については理解を基にした長期記憶として身についたと実感しております。

計算については、小手先のテクニックに頼るのではなく本質的な理解を基に解答する力が身につき、全体感を把握できるからこそ、論文式試験の難解な問題に対しても、臆することなく「解答が可能な場所を解きに行く」というスキルが身につきました。

また、租税法と経営学についてはCPAの最も魅力としてあげられるべき点の一つだと思います。

租税法は、短時間で多くの論点にアプローチできる「レギュラー答練」が非常に有用でした。

経営学については、財務管理・経営管理の両論点について効率的に学習することができ、長い時間を費やさずとも、合格に必要な知識を身に着けることができました。

公認会計士を目指した理由

私は大学卒業後、銀行へ入社しました。

新卒の就活の際には「安定して一定程度の収入が得られればいいのでは」と思っていたからの選択でしたが、入社後には様々なギャップがありました。そもそも現代の企業環境においては「安定している」という前提の成り立つ企業など存在しないですし、収入についても(経営学的に言えば)キャリアプラトー(階層プラトー)が存在するため、「年功序列」といえども必ずしも将来の高年収が期待できるわけではありませんでした。

このようなことから、「自身が主体となってキャリアを形成できる職業はないか」と考えた際に、導き出された答えが公認会計士でした。

基本軸としての「監査」はあるものの、その将来的なキャリアの選択肢は多岐にわたり、そしてなにより高年収を期待できるということで、公認会計士を目指しました。

学習で苦労した点や工夫した点

一番はモチベーションの維持です。学習を始めたころは、毎日新たな知識が身につく喜びがあり、高いモチベーションがあります。

また、試験直前等は、できないなら何とかできるように、できるところはこのまま維持しようと、ある種強迫観念等によって強制的に勉強を進めることができます。

ただ、カリキュラム中盤においては知識は身につくが、答練等で結果はでない。解説を見たら気づくが試験中は解けないなど、かなり精神的にも負担が大きくなります。

ほとんどの受験生はこういった「伸びない」時期というものを経験すると思いますが、この点を辛抱できるかというのは非常に大きなポイントだと思います。

これから公認会計士を目指す方へ

フロックがない分、正しく行った努力が実を結ぶので、大変やりがいあります。

簡単ではありませんが、十分目指すに値する資格試験だと思いますので、勉強を始められる方のご健闘をお祈りいたします。

合格者の声


資料を取寄せる(無料)  無料説明会を予約する